(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2022年07月02日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

宇陀市大宇陀麻生田 麻生田大明神社〔芦刈大明神〕


奈良県宇陀市大宇陀麻生田に鎮座する「麻生田大明神社(あそだだいみょうじんしゃ)芦刈大明神(あしかりみょうじん)〕」です。

又兵衛桜(またべえさくら)周辺に鎮座する未訪問神社をやっとのことで訪問参拝して、帰路に未訪問神社等があるので順次訪問参拝しながらやって来ました。

道路からはこの神社が鎮座していることは想像しにくいと思いますが、かなりの数の神社を訪問参拝した経験から鎮座地への経路であることは私には解りました。

この入り口は日陰の湿地という状況です。

参道を進んで凄い迫力の老杉が目に


大宇陀町史によると

御祭神 三輪(大神神社(おおみわじんじゃ))の母神

     男坂大明神(おさかだいみょうじん)

     大神大明神(おおみわだいみょうじん)

     芦刈大明神(あしかるだいみょうじん)

三輪の神の母御前であるという信仰には、三輪社(みわしゃ)の根源をここに求めるというような考があるのではないか、神杉に触れると祟ると厳重に斎祀ってあるのは現在の生きた信仰であり、非常に古い起源を持つとは思われないが、磯城・磐余の地方に存在するものの、その奥にあるものという信仰が大宇陀地方に残っているものとして注意せられる。

しかし、こういう信仰についての何かそのもとになるものがあるのではないかと考えてみると、神名帳にある神御子美牟須比命神社(みわのみこみむすひめじんじゃ)が注意せられる。

この社はいま宇太町大神(現:宇陀市菟田野大神)に鎮座する古首明神(こすみょうじん)というのがそれであるということになっている

(中略)

国民郷土記には宇陀郡に大神伝蔵というものがあったように記されているが、恐らくこれは戦国の頃宇太町付近にをり、大神神社(おおみわじんじゃ)と関係あることを自ら標榜する豪士で、この社を背景にしていたものであろう。大和志料は、「神御子」とは「みわのみこ」(三輪の御子)、大物主神の御子、で、「美牟須比命」は、「御産霊命」の意味でこの御子神を生んだ母神の謂であると解した。従って、三輪神の妻神であるということになるのである。

こういうような考え方が麻生田の大明神の場合にも影響しているのではあるまいか。』

HP内容参照より


神殿はなく三本の巨樹の老杉が祀られています。

毎度のことですが、意味不明な「般若心経」が扉に張り付けられています。

神仏習合の枠内ではないでしょう。

大神神社(おおみわじんじゃ)の三本鳥居の元になったという事ですが、迫力満点の杉の姿に神秘性を感じるのはよく理解できます。


関連情報レポートリンク

【宇陀市 神社一覧】