(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2022年04月02日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

宇陀市大宇陀守道 式内 高角神社


奈良県宇陀市大宇陀守道にある「式内 高角神社(たかつのじんじゃ)高倉山(たかくらやま) 神武聖跡(じんむせいせき)〕」です。

春分の日の3連休の真ん中なのと久々の好天なのであまり遠出すると込んでいるなと思って飛鳥にでもと思って適当にナビの未訪問寺にマークを付けたのですが、途中からなんでこんなところを走るのかと思っていたら、大宇陀に到着しました。

アクセス経路の道路事情を考えると飛鳥に行くと多変だなと思って大宇陀周辺の寺社仏閣史跡を訪問することにしました。

ところがお寺は墓参りの人出があったので、神社に的を絞ることにしました。


式内 高角神社(たかつのじんじゃ)

ここから約五百米登る

鎮座地

奈良県宇陀郡大宇陀町(旧政治(せいじ)村)大字守道(もち)字たかすみ七七六番地

御祭神

高角の大神(またの御名:高椋下神(たかくらじのかみ)

御例祭

春祭4月11日、秋祭9月11日

由緒概要

平安時代の全国神社の戸籍簿の如き延喜式の神名帳に高角神社鍬靫(くわゆち)二座とある大高角と小高角の両社で神武天皇即位前三年九月うだの高倉山の上より城中の形勢を膽望された聖地(日本書記に登載)で昭和十五年二月七日神武天皇聖蹟莵田高倉山伝説地として文部省から認定発表されました。(宇陀郡では莵田穿邑(うだうがちのむら)と菟田高倉山だけ認定うく)

高倉山の高角大神は饒速日命(にぎはやひのみこと)の御子、天香語山命(尾張(むらじ)の祖)の御事で神武天皇の軍隊が熊野の荒坂津(丹敷の浦)に到着したとき

悪神のため天皇たちはねむらせられたので天照大神の仰せで武甕雷神(たけいかづちのかみ)鹿島神宮(かしまじんぐう)の主大神)が高角大神の夢枕に現れ●霊(ふつのみたま)といふ剣を汝の倉のなかに置くから天皇に奉献せよと告げられた。

翌朝高倉大神は倉の中に剣を発見し天皇に献上したところ天皇以下一同は目を醒まされたという。

その霊剣はその後、石上神宮(いそのかみじんぐう)に移され奉安られたという。

大久保信治・三家宮司 謹記』

※ 境内掲示より


私は幸いにも人出を避けて妻の実家の墓参りも先週に済ませましたし、平日に移動できるので混雑は避けることができます。

それにしても黄砂の影響なのでしょう。

青空が少しばかりすかっとしない状況です。

帰路に参道途中の五社大明神(ごしゃだいみょうじん)を参拝します。


関連情報レポートリンク

【宇陀市 神社一覧】