(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2022年02月22日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

山辺郡山添村春日 春日神社桜樹


奈良県山辺郡山添村春日にある「春日神社桜樹(かすがじんじゃのさくらのき)春日神社(かすがじんじゃ)〕」です。

この時期には春日神社(かすがじんじゃ)参道入り口の鳥居の脇の建物裏に「花桃」が体操綺麗な姿を見せてくれます。

実は北側の民家にも大層綺麗な桜の木が咲いているのが見えました。

場所をネットで調べているとこの桜樹の場所を示しているものがありました。

その説明書きと様子が異なっているのと参道奥の春日神社(かすがじんじゃ)付近に桜が咲いているのが見えましたので確認に行くと説明書きの看板がありました。


『山添村指定天然記念物

(昭和四十一年九月二十日指定)

桜樹

春日神社(かすがじんじゃ)

この山桜の巨樹は、樹高 9m、株周 6.6m、樹齢は約三百年と推定される。

この樹は古くから神木とされ、花時には極めて美しく、村の人々は花の盛りにこの樹の下で昔から観桜の会をひらいている。

樹勢旺盛な頃は、根元近くから十二本の放射状に分枝していたが、現在は巨大な株を残して、新しい幹が成長している。

この周辺には山桜の古代巨樹が多くあり、学術研究上極めて貴重な存在である。

山添村』

※ 境内掲示より

満開の桜の木を背景に中央に斜めに伸びている細い枝一本が最後の幹ようです。


肝心の春日神社桜樹(かすがじんじゃのさくらのき)は残念ながら時期が終わっているようですが、周囲にも境内にも品種違いで咲く時期が異なるのでしょうか、綺麗に咲いています。

県道沿いの鳥居から右手の中腹の民家にも綺麗に咲いていました。

染井吉野は既に花が散ってしまっていますので、今日見た花は少し遅れて咲くようです。

摩崖仏(まがいぶつ)も発見できて大収穫です。

名張へ戻る道すがらには「八重桜」が咲き誇っていました。


関連情報レポートリンク