(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2022年01月28日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

奈良市今辻子町 浄土宗(単立)紫雲山 家康院 西照寺


奈良県奈良市今辻子町にある「浄土宗(単立) 紫雲山 家康院 西照寺(さいしょうじ)公式HP〕」です。

今日は奈良町から西部地域と念願の開化天皇(かいかてんのう)を訪問して、天皇陵をぐるっと一周してきました。

殆どの寺院が門を閉じていて境内に入って本堂前で参拝することはできなかったのですが、このお寺は門が開いていました。

惜しむらくは本尊にお目に掛かりたかったのですが、それは残念ながら戸が閉じていましたので適いませんでした。

嬉しいことにリーフレットが用意されていました。。


西照寺(さいしょうじ)縁起

西照寺(さいしょうじ)は、はじめは禅松庵(ぜんしょうあん)という真言律宗の草庵で西大寺(さいだいじ)の高僧、叡尊(えいそん)(1201 - 1290)が下三条に開基 したと伝えられている。

その後、弘治二年(1556)興福寺(こうふくじ)別当より西照寺(さいしょうじ)の称号を賜り、当寺中興の祖、英誉良阿上人が浄土宗に改め、現在地に諸堂を建立した。

江戸時代には幕府の帰依も深い寺院であったが、明治以後寺地は狭まり昔日の面影はなくなった。

現在の堂宇は昭和二十九年(1954)、前住職授誉見誠和尚が再建したものである。

 ○本尊 腹帯(はらおび)阿弥陀如来(あみだにょらい)立像(正確な作年代)

 ○徳川家康公 墓碑

 ○百萬 供養塔

 ○良阿上人像

 ○徳川家康公 位牌』

※ 寺院リーフレットより


大阪でも殆どの寺院が門を閉じていましたし、都市部の住宅街の寺院は門を閉じていることが多かったのですが、観光地である奈良市街地の寺院がこれほどの確率で門を閉じていることに少しばかり驚きです。

神社とお寺の違いは何処にあるのでしょうか。

今日の散策では、神社も境内に入って神殿前でお参りできる所も少なかったので意味が解りません。

まさか参拝拒否ではないでしょうね。


関連情報レポートリンク

【奈良市 寺院一覧】

【★】は、参拝は、不可、又は事前連絡要の寺院