(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2022年01月18日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

奈良市鳴川町 浄土宗 紫雲山 安養寺〔大和善光寺〕


奈良県奈良市鳴川町にある「浄土宗 紫雲山 安養寺(あんようじ)大和善光寺(やまとぜんこうじ)〕」です。

浄土宗のお寺の境内は何処でも静寂で落ち着きがあるように感じます。

本堂が珍しい形式であるという事ですが、厚板葺きではないので雰囲気は味わえないと思います。

奈良市街地のお寺の宗派は、様々なので興味津々です。


『奈良県指定有形文化財

安養寺(あんようじ)本堂 一棟 室町時代

昭和四十三年2月二十三日して

安養寺(あんようじ)は、元は法相(ほっそう)宗の寺であったと伝えていますが、江戸時代以降は浄土宗に属しています。

本堂は、江戸時代に改変された部分もありますが、円柱(まるばしら)舟肘木(ふなひじき)を置いて(つま)扠首組(きすぐみ)とする構造形式や、もとは屋根が厚板段葺(あついただんぶき)であったことなど、古い手法を用いることから、建立年代は室町時代中期を(くだ)らないと考えられます。

仏堂には珍しく切妻造(きりづまづくり)厚板段葺(あついただんぶき)の屋根であった点など、類例の少ない建物といえます。

奈良市教育委員会』

※ 境内掲示より


奈良町の中でも境内には入れて本堂前で参拝できる数少ないお寺です。

惜しむべくは本尊が直接拝めるか、写真でも掲示して頂ければ更に満足できるのですが、一考の余地はありませんか。

檀家でもないのに勝手に境内に入り込んで参拝するなど以ての外なのでしょうか。

開放的でなければ檀家の拡大など望めないような気がしてならないのですが、それぞれの寺院はどの様な発想なのか知りたいですね。

門脇には観音堂(かんのんどう)があります。


関連情報レポートリンク

【奈良市 寺院一覧】

【★】は、参拝は、不可、又は事前連絡要の寺院