(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2021年09月02日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

北葛城郡王寺町畠田 白山姫神社


奈良県香芝市尼寺に鎮座する「白山姫神社(しらやまひめじんじゃ)」です。

初訪問で土地勘がありませんが、取り敢えず神社を訪ねて来ました。

神社の参道石段前には「史跡 尼寺廃寺(にんじはいじ)跡」があり、境内を接して「浄土宗鎮西派 大光山 香塔寺(こうとうじ)」もあります。

それにしても何処にいるのか解らないということは不安ですね。


白山姫神社(しらやまひめじんじゃ)

創始は貞観三年(862)とされている。

元禄九年(1696)三月に奉納されている石灯には白山権現(はくさんごんげん)御神前(ごしんぜん)と刻され加賀白山と関係があったことがうかがえる。

火幡神社(ほばたじんじゃ)を中心とする産業池として、農業にかかせない水、明神山の罔象女神(みずわめのみこと)とともに白山姫神社(しらやまひめじんじゃ)のご祭神(白山比咩命(しらやまひめのみこと))は、五穀豊穣を祈願する神として、厚い信仰をあつめていた。

現在の本殿は神明造り、素木の二間社で拝殿は瓦葺平屋である。

また見事な石造唐獅子一対は、弘化二年(1845)十二月に氏子が奉納したものである。

境内には摂社二社があり、金毘羅神社(こんぴらじんじゃ)と神明造りの春日社(かすがしゃ)である。

境内は広く、山桃の大木がそびえ、ツブラシイ、小ナラ、サカキ、クヌギ等が林となって、古い時代の神社様式をそなえている。』

※ 境内掲示より


すぐ近くに厨神社(くりやじんじゃ)が鎮座しています。


関連情報レポートリンク

【奈良県北葛城郡 神社一覧】