(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2021年05月07日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

山辺郡山添村遅瀬 遅瀬の十三摩崖仏


奈良県山辺郡山添村遅瀬にある「遅瀬の十三摩崖仏」です。

この摩崖仏は以前から地図を眺めていて知っていましたが、もっと山の中に入らないといけないと思い込んでしました。

道路を挟んで以前に訪問参拝した地蔵寺(じぞうじ)八柱神社(やはしらじんじゃ)が鎮座しています。

道路から説明書きが見えるとは思っていなくて、思い起こせばいつもお寺と神社側を見ていたと思います。


『山添村指定文化財

(平成二年八月六日指定)

遅瀬の十三摩崖仏

遅瀬区

自然石に方形の枠を刻み、その枠内に仏像を多数刻みだしたもので、六体地蔵と四段仕切りの中に十三の菩薩が二十六体陽刻され、その一体づつに仏様の心を表す梵字が陰刻されている。

年代は室町時代後期と推定される。

山添村』

※ 境内掲示より


道路からの道の途中に石燈籠と井戸もありました。

すぐ脇には墓石がいくつか立っています。


関連情報レポートリンク