(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2021年09月01日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

宇陀市室生向渕 穴薬師石仏


奈良県宇陀市室生向渕にある「穴薬師石仏(あなやくしせきぶつ)」です。

前回訪問時にこの近くを通らなかったので、存在は地図から知っていたのですが、再訪問時に訪問参拝しようと思っていたので、今回は偶々こちらを通りかかったので参拝しました。

私は最近、磨崖仏(まがいぶつ)を筆頭とする石仏がお気に入りになって来ています。

素朴なのに表情が見えるような気がしてならないのです。


『宇陀市指定文化財

穴薬師石仏(あなやくしせきぶつ)

建長六年(1254)

高さ179cm、幅185cmの八角形の石材(流紋岩質熔結凝灰岩)に三体の地蔵菩薩立像を彫っています。

中央には、蓮華座をもうけ、二重円光背を彫りくぼめ錫杖・宝珠を持つ地蔵菩薩立像、両側には中尊よりやや小さい地蔵菩薩立像を厚肉彫りしています。

また、石仏の前面を柱状の石材で囲み、石室状にしています。

本尊の向かって右には、「建長六年二月卅」「宗岡森定」左には「日大施主宋岡氏下司」「高橋正末」/「沙弥善定」と銘文があります。

この地蔵石仏は、鎌倉時代中期の作例として貴重なものです。

  宇陀市教育委員会

  向渕自治会』

※ 境内掲示より


「地蔵菩薩立像なのに、何故、薬師」なのでしょうか。

意味が解りません。


関連情報レポートリンク


関連情報レポートリンク

【宇陀市 寺院一覧】

【★】は、参拝は、不可、又は事前連絡要の寺院