(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2021年04月04日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

桜井市穴師 纒向珠城宮伝承地


奈良県桜井市穴師にある「纒向珠城宮(まきむくたまきのみや)伝承地」です。

相撲神社(すもうじんじゃ)に参拝しようと進んでいると何やら石標が見えていたので確認しました。

どういう訳か珠城山古墳群(たまきやまこふんぐん)附近にも説明書きがありましたので、宮の範囲の両端ということでしょうか。

纒向(まきむく)」がどの辺りになるのかは、JRの駅くらいしか知らなかったので少しばかり土地勘が出来たのかなと思います。


纒向珠城宮(まきむくたまきのみや)伝承地

纒向珠城宮(まきむくたまきのみや)は、第十一代垂仁天皇の営んだ宮とされています。

日本書紀によりますと、垂仁天皇の時、野見宿禰(のみのすくね)当麻蹶速(たいまのけはや)とが天皇の前で初めて相撲をとったとされています。

この物語は、相撲発祥の物語として知られており、ここから東にある相撲神社は、その相撲が行われた地として伝えられています。

野見宿禰(のみのすくね)は、出雲の人で、天皇がそれまでの駒死の風習をあらためようとしたとき、替わりに埴輪を作ることを進言した人物としても記されています。

記紀万葉の物語(垂仁天皇の条)

  狭穂彦王の謀反(狭穂姫の悲話)

  相撲発祥の物語

  伊勢斎宮のはじまり(元伊勢)

  埴輪のはじまり

  時じくの果の木の実』

※ 境内掲示より


来て良かったと思います。


関連情報レポートリンク

【京跡・宮跡一覧】〔推定年度〕