(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2021年01月04日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

桜井市穴師 珠城山古墳群


奈良県桜井市穴師にある「国指定史跡 珠城山古墳群(たまきやまこふんぐん)(古墳時代後期)」です。

山麓の上部に鎮座している大兵主神社(だいひょうずじんじゃ)相撲神社(すもうじんじゃ)に参拝しようと訪問した経路で説明書きの板書きを確認していたのですが、帰路に訪問しました。

「纒向」という単語は、古代史などで度々耳にしていたのですが、まさかこの辺りであるということには、何回か通っているのですが気付いていませんでした。

あたらこちらで遭遇するのですが、古墳等の遺跡や遺物が破壊されていることは残念でなりません。

これ以上進行しないようにしなければならないでしょう。


珠城山古墳群(たまきやまこふんぐん)(古墳時代後期)

奈良県桜井市穴師

昭和五十三年二月八日史跡指定

奈良盆地東南部の山麓地帯には、古墳時代前期の大型前方後円墳が分布しているが、本古墳群は、その中ででも数少ない後期前方後円墳として特異である。

珠城山古墳群(たまきやまこふんぐん)は、三基の前方後円墳によって構成されているが、三号墳は土取のために前方部を残して破壊され、現在一号墳と二号墳が保存されている。

昭和三十年と三十三年に発掘調査が行われた。

珠城山古墳群(たまきやまこふんぐん)一号墳

一号墳は、墳丘全長約50メートルの前方後円墳である。

埋葬施設は、組合式石棺を中央に安置した片袖の横穴式石室(玄室長 3.4メートル)で、副葬品は別表のとおりである。

平安時代に石室の再利用が行われたらしく瓦器等の土器類や承和昌宝の銭貨が出土している。

 -一号墳出土遺物一覧表 省略 -』

珠城山古墳群(たまきやまこふんぐん)二号墳

二号墳は、群の中央部にあり、前方部を西面させた前方後円墳である。

墳丘の規模は三基の古墳のうち最も大きく全長約75メートルである。

珠城山古墳群(たまきやまこふんぐん)三号墳

三号墳は、丘陵の先端に位置し、前方部を二号墳前方部に対面させ後円部を盆地側に向けた全長48メートルの前方後円墳である。

埋葬施設は前方部に横穴式性質を設けている。

後円部横穴式石室内には組合式石棺、前方部横穴式石室には木棺を用いたらしい。

珠城山古墳群(たまきやまこふんぐん)は、三基の前方後円墳によって構成されていること、副葬品に金銅製馬具等の優品をもつこと等によって、三輪山麓における六世紀後半の豪族の動向を考えるうえで重要な史跡である。

 -三号墳出土遺物一覧表 省略 -

桜井市教育委員会』

※ 境内掲示より



国指定史跡 珠城山古墳群(たまきやまこふんぐん)

珠城山古墳群(たまきやまこふんぐん)は古墳時代後期(六世紀)に築造された前方後円墳からなる古墳群で、発掘が行われた1・3号墳からは、環頭大刀や金銅装馬具などの豪華な副葬品が出土しています。

2→1→3号墳の順に築かれたと考えられ、この地域を支配していた豪族が代々築いたものだと思われます。

1950年頃から行われた度重なる土砂採集により、3号墳の大部分は失われましたが、その他の部分は保存され、1978年2月に国の史跡に指定されました。

その後、墳丘調査が行われ、2・3号墳間から円筒埴輪列や盾持人物埴輪が出土するなど多くの成果がありました。

現在、1号墳の墳丘や横穴式石室、2号墳の墳丘が見学できるようなっています。

平成十九年八月 桜井市教育委員会』

※ 境内掲示より


このような古墳を「豪族」のものとして扱うのには疑問があります。

天皇家と同じような古墳を築くことが地方の権力者に容易にできるとは考えられません。

日本の古代史を研究する学者の皆さんはもっと真摯に励んで天皇家以外の権力者を明らかにしてい欲しいと思います。

あちらこちらの天皇家以外の古墳についての納得のいく説明が欲しいものです。


関連情報レポートリンク