(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2020年11月15日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

奈良市四条大路 出屋敷地蔵尊


奈良県奈良市四条大路にある「出屋敷地蔵尊(でやしきじぞうそん)〔圓輪明幸地蔵尊〕」です。

この道路が拡張される前には、初日の出を暗峠で見るために西方向へ歩いていたのですが、存在自体が記憶にありません。


出屋敷地蔵尊(でやしきじぞうそん)の由来

緒言

倩々(つらつら)歴史を(おもん)みるに当地蔵尊は、世に四体地蔵と称えられて今より約六百年前後醍醐天皇建武の頃ほひ止事(やんごと)無き方の御安産を祈願ある為に唐人某に命じて作らしめ長く彼処(かしこ)の所に安置されありて、折から南北朝の戦始り後醍醐帝大和遷都の(みぎり)随伴者によりて、当地迄移され何れは戦雲静りて後は再び畏き所に奉安さるべき郷人(さとびと)の帰依篤きと霊験灼然(いやちこ)なる上に鑑み其儘郷人(さとびと)の望みに任せて当地に奉安さるるに至れり

昔より郷人(さとびと)の身籠りたるもの参詣ひきも知らず、近郷に於て子安の地蔵尊として其名高し

毎年夏の候、郷人(さとびと)相集ひ昔を偲びて盛大なる祭典を挙げる(ためし)なり

香堂誌

平成十五年春地蔵堂新築移転に伴い「圓輪明幸地蔵尊」を併せて奉安す』

※ 境内掲示より


信仰篤い崇敬者の存在を感じますね。

よいお地蔵さまです。


関連情報レポートリンク

【奈良市 寺院一覧】

【★】は、参拝は、不可、又は事前連絡要の寺院