(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2020年09月12日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

天理市備前町 天皇神社


奈良県天理市備前町にある「天皇神社(てんのうじんじゃ)」です。

各所において「牛頭天王(ごずてんのう)」と表現されていることが多いのですが、ここの表示に合わせておきます。

神社には直ぐに気付いたのですが、例によってアクセス経路に悩んで集落内の細い道を通って参拝しました。

社叢で神社かななんて思う事が多いのですが、鳥居まで確認できましたので判断するのは難しくありませんでした。


天皇神社(てんのうじんじゃ)(本殿 重要文化財)

(きゅう)備前庄(びぜんのしょう)の鎮守(きゅう)で、天皇(てんのう)とは牛頭天王(ごずてんのう)意味(いみ)素戔嗚尊(すさのおのみこと)をまつっている。

文永九年(1272)の創始と伝えられ、今の本殿は周防国(すぼうのくに)上野寺(うえのでら)住侶頼秀(じゅうりょよりひで)諸国巡歴中(しょこくじゅんれいちゅう)本社(ほんしゃ)に参拝し、社殿の荒廃を悲しみ、応永三年(1396)六月、自ら願主となって、藤井(ふじい)一家(いっか)大工(だいく)催促(さいそく)して造立(ぞうりゅう)したもので、その棟札(むなふだ)が残されている。

この本殿は一間社(いっかんしゃ)春日造(かすがづくり)屋根(やね)檜皮葺(ひわだぶき)で室町時代初期の特徴をよくたもっている。

中世以降に建てられた春日造(かすがづくり)の社殿は県下において少なくないが、その中でも優作の一つに数えられる。

大正四年(1915)三月に国宝に指定され、昭和二十五年重要文化財に指定されている。

本社の例祭は十月十一日である。

殿内に薬師如来(やくしにょらい)大梵天(だいぼんてん)牛頭天皇(ごずてんのう)天満天神(てんまんてんじん)の各木像を奉安している。

境内には菅原神社(すがわらじんじゃ)厳島神社(いつくしまじんじゃ)賽神神社(さいのかみじんじゃ)がある。

天理市教育委員会』

※ 境内掲示より


賽神神社(さいのかみじんじゃ)」は、奈良県下で初めてです。

河内平野でも殆ど祀られていることは無かったのですが、聞き覚えのある割にはお目に掛かりません。

いずれにしろ地図もタブレットも持ち合わせていなかったのでお寺を参拝することはかないませんでした。

再訪問必至ですね。

奈良市には7年程住んでいたのですが、居住地域以外の土地勘が無いので現在位置すら掴めていませんでした。

この神社は私のランドマークになります。


関連情報レポートリンク

【天理市 神社一覧】