(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2020年04月20日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

御所市名柄 郵便名柄館


奈良県御所市名柄にある「郵便名柄館」です。

初訪問の御所市でなかなかユニークな史跡に出会う事ができました。

他にこのような施設はあるのでしょうか。

ピンク色の建物が目を引きましたが、説明書きを読むまではうまく理解できていたとは言えません。

もう一工夫の余地があるのではないでしょうか。


旧名柄郵便局舎について

郵便事業の記録によると、名柄郵便局は明治三十五年(1902)に郵便受取所として開設され、葛城地方の郵便事業の核となりました。

葛城地方には全国でも珍しい「郵便道」が残されています。

この旧名柄郵便局舎は、明治末期に建設が開始された木造平屋建て、寄棟屋根の建物です。

大正二年(1913)の局舎完成時には郵便・貯金・保険事業のほか、電信・電話の取り扱いも行われていました。

昭和三十八年には同局での電話交換業務は廃止され、昭和五十年(1975)には新郵便局舎の開設に伴って局舎の役目を終えました。

建物は持ち主の池口美代子様から市に無償貸与されたものを、貴重な歴史的産業遺産として、平成二十五年度から国の補助金と堺屋太一(本名池口小太郎)様からの寄付金等により改修工事が行われてきました。

旧郵便局舎には、郵便ファンや歴史愛好家に楽しんで頂ける展示スペースと共に、長柄の歴史・自然を感じながらゆっくりと時間を過ごせるようカフェコーナーと郵便グッズ販売コーナーも併設しました。

尚、旧局舎改修工事に先立ち、現地調査・測量作業は畿央大学人間環境デザイン学科の学生が、局舎の時代考証等については郵政博物館及び日本郵政株式会社近畿施設センターが行いました。

平成二十六年 御所市』

※ 境内掲示より


なかなか宜しいですね。