(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2019年04月15日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

奈良市柳生下町 真言宗 月吹山 中宮寺〔会所(公民館)〕


奈良県奈良市柳生下町にある「真言宗 月吹山 中宮寺(ちゅうぐうじ)〔会所(公民館)〕」です。

ネット情報では『柳生宗矩芳徳寺を建立するまで柳生家の菩提寺だった。』ということです。

そんなに前からこの地に住んでいたということですね。


月吹山 中宮寺(ちゅうぐうじ)

「後醍醐天皇、笠置山に潜幸の際、天皇をお助けし、柳生藩播磨守永珍の嫡男柳生備前守家重が、文和三年(1354)八月六日逝去 大和国添上郡柳生下邑中宮寺(ちゅうぐうじ)に葬す墓碑あり。」と柳生家所蔵の記録に残されていることから、これより以前に建立されていたことになる。

柳生但馬守宗矩が寛永十五年(1638)亡父石船斎宗巌の菩提を弔うため芳徳寺(ほうとくじ)を建立するまで代々柳生友矩まで中宮寺(ちゅうぐうじ)<に葬す。と記録されている。

それ以前は柳生下邑の檀家寺となり、現在は又ミニ公民館となっている。

本堂には薬師如来(やくしにょらい)の木造がまつられている。

鎌倉時代末期の作とも言われている。

庭にある宝篋塔(ほうきょうとう)にも芳徳寺(ほうとくじ)第五世の和尚の名が刻まれている。』

※ 境内掲示より


すぐ上の墓地に「十兵衛杉」がありますが、確か四十年前には既に枯れていて、若干短くなったように思いますが横の杉が成長したのでしょうか。

枝も少なくなっているようです。