(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2018年11月25日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

奈良市阪原町 阿弥陀如来立像〔磨崖仏〕


奈良県奈良市阪原町にある「阿弥陀如来(あみだにょらい)立像〔磨崖仏(まがいぶつ)〕」です。

私は集落の奥にある長尾神社(ながおじんじゃ)を探しながら運転していたので気づきませんでしたが、助手席の妻が石仏があったと言ってくれたので戻ってきました。


阿弥陀如来(あみだにょらい)立像

白砂川の川向いにあるおおきな自然石の中央を長方形に削り、その中に刻まれているのがこの尊像で高さ90cm。

慈悲深い童子さながらのお姿は、まこと極楽浄土にふさわしい尊像である。

文和五年(1366)の銘がある。』

※ 境内掲示より


私は磨崖仏(まがいぶつ)の魅力に圧倒されているのですが、これはかなりの秀作であると思います。

道具も満足に手に入らなかった時代にこれだけのものを岩から掘り出すなんて驚きです。


関連情報レポートリンク