(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2018年06月29日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

奈良市藺生町 高野山真言宗 青龍寺


奈良県奈良市藺生町にある「奈良市藺生町 高野山真言宗 青龍寺(せいりゅうじ)」です。

葛神社(くずじんじゃ)から針方面に戻ろうとしたら、道路脇に「青龍寺(せいりゅうじ)」と書かれた道標があり、どこにあるのかと見まわしたら真ん前にありました。

寺の参道脇には地蔵堂が建っています。

いろいろありますね。


『奈良市指定文化財

青龍寺(せいりゅうじ)宝篋印塔(ほうきょういんとう) 一基

  鎌倉時代

 平成二十三年三月三日

宝篋印塔(ほうきょういんとう)は、内部に宝篋印(ほうきょういん)陀羅尼経(だらにきょう)を納めたことに由来する塔です。

しかし、実際にこれを納めた例は少なく、鎌倉時代以降盛んに作られた石造塔では、多くが供養塔や墓塔として立てられました。

青龍寺(せいりゅうじ)宝篋印塔(ほうきょういんとう)は、基壇を有する大型の塔です。

塔全体がよく残っており、塔身各面には金剛界四仏を表す種子が深く刻まれ、頂上の相輪部も省略せずに各部が丁寧に作られています。

また基壇南側に納骨孔とおぼしき孔があり、この塔は供養塔として造立されたと考えられます。

大和高原に残る宝篋印塔(ほうきょういんとう)のなかでも優れた作風を示す優品です。

奈良市教育委員会』

※ 境内掲示より


この辺りは都祁でも南の端の方だと思うのですが、人の活動範囲は想像を遥かに上回ります。


関連情報レポートリンク

【奈良市 寺院一覧】

【★】は、参拝は、不可、又は事前連絡要の寺院