(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2018年05月04日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

山辺郡山添村伏拝 真言宗 神野山一心院 神野寺


奈良県山辺郡山添村伏拝にある「真言宗 神野山一心院 神野寺(こうのじ)公式HP〕」です。

神野山の躑躅(つつじ)を見に来た時に、山頂から少し下った場所にお寺があることを知り、訪問したいと思っていました。

やっとこさ訪問参拝することになったのですが、板に墨書きの由緒書きは風雪に曝されて読み取れませんでした。

天皇家の勅願所であったことは薄い文字から読めましたが、あとは判別不能です。


『国指定重要文化財

(明治四十二年九月二十二日指定))

銅造菩薩半跏像 一躯

現在、奈良公国立博物館に寄託の本像は造立後ある時期に火災に遭っており、全身にわたって表面が荒れ、正面の裳裾(もすそ)など部分的に不明瞭な箇所がある。

胴体が極めて細く作られているのは、朝鮮三国時代百済(くだら)の小金銅仏の影響によるもので、日本では、鞍作止利(くらつくりのとり)様式の衰退した飛鳥後期頃の造立と推定される菩薩像に、しばしばこの手の表現が見られる。

台座に垂れる(もすそ)(ひだ)に、飛鳥前期様式のなごりが認められるが、卵形の面部は目鼻立ちが小ぶりでやさしく、飛鳥後期の所蔵に通ずるものがある。

思惟(しゆい)のポーズをとる半跏像(像高25.5cm)で、インディアンの羽帽子のような宝冠(ほうかん)は、他に例がなく注目すべきものである。

山添村』

境内掲示より



『国指定重要文化財

神野寺境内及び寺領地

(伏拝区)

平成八年二月一日指定

奈良朝以来代々の皇室の祈願寺であった神野寺境内は、度重なる火災のため、今往時の影はないが、山門から中門、鐘楼、本堂、聖天堂の建物群は、境内の自然や静物とよく調和し、奈良時代の山間寺院の形態をよく残している、

また、弁天池(べんてんいけ)西方から頂上にかけての尾根と、神野寺参道入口から頂上を結ぶ寺領地域には、亜熱帯地域に生息するマテバシイや、タブの群生林がほぼ自然に近い状態で保護されている。

標高六百メートルの地でこれらの樹木が繁茂しているのは県内に見られず、貴重な存在である。

弁天池(べんてんいけ)には又、ジュンサイやハッチョウトンボが見られ、生物学上も価値が高い。

山添村』

※ 境内掲示より


境内に有る聖天堂には

『山添村指定文化財

山添村教育委員会』

  • 薬師如来木坐像 一躯

  • 日光菩薩木立像 一躯

  • 月光菩薩木立像 一躯

平成四年(1992)二月二十八日

山添村教育委員会』

が収まっているようです。

直接拝見して拝みたいですね。


関連情報レポートリンク

【山辺郡山添村 寺院一覧】

【★】は、参拝は、不可、又は事前連絡要の寺院