(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2018年04月07日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

宇陀市大宇陀平尾 秀高大明神


奈良県宇陀市大宇陀平尾にある「秀高大明神(ひでたかだいみょうじん)」です。

吉野山に行くのに数回この脇の道路を通っているのですが、初めて気づきました。

脇道の赤い鳥居に気付きませんでした。

稲荷神や愛宕神や秋葉神が祀られている風景はよく見かけます。

石標に文字が彫り刻まれています。

何処かで知ったのですが、神様は失敗しないので最高位の「正一位」まで上り詰めるのは必然であるということです。

「正一位」は、位階(国家の制度に基づく個人の序列の標示である。)及び神階(神道の神に授けられた位階。)の一つということですが、未だに公務員などには退職後に「位階」が授けられているということですが、憲法から言うとおかしいような気がします。

下らない意味のないことに税金を費やすことを止められないんですね。

やはり愚かな生き物であるということでしょうか。

馬鹿げています。

神様は間違いなく信じることで在現します。

だからこそ此処に祀られているのですね。

初めて気づいたのですが道路を挟んで平尾水分神社(ひらおみくまりじんじゃ)が鎮座していました。


関連情報レポートリンク

【宇陀市 神社一覧】