(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2018年02月19日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

奈良市藺生町 葛神社


奈良県奈良市藺生町にある「葛神社(くずじんじゃ)」です。

都祁の神社で残っている数社に参拝しようと考えてやってきたら突然寒くなり雨も降りだしたので再訪問しに来ました。

都祁山口神社(つげやまぐちじんじゃ)からこちらへ向かってきたのですが、村中の細い道を進んで来たら、宮池の細い道を通る羽目になってしまい少しばかり肝を冷やしました。

軽自動車でも細すぎる道でした。


『式内

葛神社(くずじんじゃ)

都祁村大字藺生字上ノ宮

九頭神社(くずじんじゃ)とも書く、祭神は出雲建雄神(いずもたけおのかみ)

「大和誌」は「出雲建雄神社(いずもたけおじんじゃ)、所在未詳、或日在藺生村今称葛神即此」として、「延喜式」神名帳に記載の山辺郡下「出雲建雄神(いずもたけおのかみ)」を当社にあてる、

社記に、祭神は出雲建雄神(いずもたけおのかみ)または建速須素佐鳴命(いずもたけおのかみ)とされ、江戸時代の調書によると、大永四年(1524)に社殿が造営され、文明四年(1472)以来の形式によって祭礼が執行されたという。

また、往古毎年六月朔日に會我尾池のほとりで行われた「泊瀬のたけを祭」が、のちの夏祭りとなったと伝える。

宮座に関しては、文明六年(1474)より今に至るまでの頭入り名簿が残る。

境内の新大夫施入永禄二年(1559)造立の石灯籠には「九頭大明神(くずだいみょうじん)」の社名を刻む。

また、社殿南側には、氷室(ひむろ)跡があり、藺生の地は都祁村のなかでも古いことや、飛鳥(あすか)藤原京(うじわらきょう)に近いことから、これらとのつながりが考えられる。

都祁村教育委員会

山辺広域行政事務組合』

※ 境内掲示より


興味深い内容です。


関連情報レポートリンク

【奈良市 神社一覧】