(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2018年01月01日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

山辺郡山添村大西 山添長寿岩


奈良県山辺郡山添村大西にある「山添長寿岩(やまぞえちょうじゅいわ)」です。

磐座(いわくら)として知る人ぞ知る大岩だそうです。

私も全く知りませんでしたし、ここまで降りてくる用事はありませんでした。

それにしてもデカイ岩です。

本当に自然にこんな形になったのか不思議でなりません。


添村長寿岩(やまぞえちょうじゅいわ)

この大きな岩は、平成七年にこのふるさとセンター建設の造成工事の際出土したもので山添の地が未だアジア大陸の東縁部にあったおよそ一億年前に、地下深く(10 - 20km)でマグマが固まった「花崗岩」です。

この「花崗岩」は、当時の大地の変動(大マグマ活動)を記録しているという大きな地質学的意義を持っています。

この岩は、その後の大地の変動によって、幸運にも地表に顔を出してくれた自然の貴重な贈り物と言えます。

どんな硬い岩も地表近くでは長い間にはどんどんこわれて砂利になっていきます。

長い年月の中で生き抜いたこの丸くてどっしりとした姿は、自然が長い時をかけて作ってくれた芸術作品とも言えます。

この長寿岩は山添村の未来を温かく見守ってくれるでしょう。

監修 滋賀大学教育学部地学教室 理学博士 中野 聡志

監修 滋賀県立部輪湖博物館 歯学博士 高橋 敬一

平成十二年五月 山添村』

※ 境内掲示より


神社や寺院で初詣も良いと思いますが、大岩に挨拶するのも良いかもしれません。


関連情報レポートリンク