(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2017年12月14日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

桜井市大西 市杵島神社


奈良県桜井市大西に鎮座する「市杵島神社(いちきしまじんじゃ)」です。

背後には大和川が流れています。

後に素戔嗚神社(すさのおじんじゃ)の鳥居脇に無造作に積み上げられた藁の塊がここで言う男綱であるということのようです。

様々な見方があると思うのですが、この周辺の集落を巻き込んだ祭りのようです。

仲が良いということでしょうね。


江包(えっつみ)大西(おおにし)御綱(おつな)

(国指定重要無形民俗文化財)

初瀬川の南北の、江包(えっつみ)大西(おおにし)地区の間で行われている「お綱はんの結婚式」。

上流から流れてきた二人の神様を、江包(えっつみ)素戔嗚神社(すさのおじんじゃ)大西(おおにし)稲田姫(いなだひめ)を助け、二人が正月に結婚式をあげたことに由来するという。

両地区で新藁を持ち寄り、江包(えっつみ)春日神社(かすがじんじゃ)で男綱を、大西(おおにし)綱越神社(つなこしじんじゃ)で女綱を作り、素戔嗚神社(すさのおじんじゃ)で入舟の儀式を行うものである。

古くは田遊び祭りの一種で、豊作をあらかじめ祝う儀式。

旧暦正月十日に行荒れていたが、現在は二月十一日に行われている。

桜井市教育委員会』

※ 境内掲示より


流れてくるのは「稲田姫命(いなだひめのみこと)」のようですが、号名から「市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)」ではないのでしょうか。

お祀り以外の説明書き等は見あたりませんでした。

境内地に隣接して<帝釈堂(たいしゃくどう)がありました。


関連情報レポートリンク

【桜井市 神社一覧】