(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2017年11月28日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

山辺郡山添村春日 春日小学校旧講堂


奈良県山辺郡山添村春日にある「春日小学校旧講堂(かすがしょうがっこうきゅうこうどう)」です。

現在は「山添村歴史民俗資料館」として公開しているようです。

横の道路を通る度に木造の雰囲気のある建物があることに気付いていましたが、小学校の一部であると思っていました。

内部はまだ訪問していませんので、また機会を見て訪問します。


『奈良県指定文化財(昭和六十年三月十五日指定)

春日小学校旧講堂(かすがしょうがっこうきゅうこうどう) 一棟

桁行(けたゆき)18.23m、梁間(はりま)10.94m、入母屋造(いりもやづくり)桟瓦葺(さんがわらぶき)、南側に玄関を接続している。

春日小学校旧校舎(かすがしょうがっこうきゅうこうしゃ)は、その用材を村民所有の山林中から最良材を持ち寄り、所要労力を出役であたるなど、村民の協力によって、明治三十六年(1903)に竣工した由緒を持つ校舎である。

講堂を中心にして、その両側に教室棟が並べて建てられ、その後、昭和四年(1929)に教室棟の背部をつないでコの字型に回していたが、校舎の老朽化に伴い旧講堂だけを残して順次建て替えられた。

この旧講堂は平成三年(1991)に保存修理を行い、ここに移築された。

全体に和風を主体として装飾的な要素は少ないが、屋根は入母屋造り妻入りとし、大棟両端には瓦製(しゃち)を飾り、玄関は正面に張り出して入母屋造り土間(どま)吹き放しとし、周囲に長押(なげし)欄間(らんま)(めぐ)らすなど、学校建築としては特異な手法を残している。

明治期に建築された和風を主張とした学校建築の中心建物として、その価値は大きい。

山添村』

※ 境内掲示より


個人的には駐車場の樹木の姿形が大好きです。