(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2022年09月23日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

奈良市登大路町 救世観世音菩薩・出世・延命能師・水子地蔵尊〔興福寺〕


奈良県奈良市登大路町にある「救世観世音菩薩(きゅうせかんぜおんぼさつ)出世地蔵尊(しゅっせじぞうそん)延命能師地蔵尊(えんめいのうしじぞうそん)水子地蔵尊(みずこじぞうそん)興福寺(こうふくじ)〕」です。

猿沢の池から南円堂(なんえんどう)へ向かう石段の中途から西へ向かう道があり、突き当たりには三重塔(さんじゅうのとう)があり、階段から外れた場所に石仏が石像群がありました。

何ともどれがどれというのが解るのが「救世観世音菩薩(きゅうせかんぜおんぼさつ)」と「延命地蔵尊(えんめいじぞうそん)」なんですが、これは何となく「水子地蔵尊(みずこじぞうそん)」のような気がしてなりません。

難しいものです。

三重塔(さんじゅうのとう)に気付いて訪問しなければこの石像・石仏群も気付きませんでした。

南円堂(なんえんどう)の石段は子供のころから数えきれないくらい上り下りしているのにと驚きです。

興味を示さなければ気付かない見えないという事でしょうか。