(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2017年05月19日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

生駒郡三郷町信貴南畑 南畑歌舞伎一座・日出座・鶴沢三枝碑と地蔵堂


奈良県生駒郡三郷町信貴南畑にある「南畑歌舞伎一座・日出座・鶴沢三枝碑と地蔵堂」です。

西へ登っていくと「のどか村」という農業公園がありそのまま山を下っていくと八尾市恩智中町に鎮座する恩智神社(おんぢじんじゃ)経由で河内平野に戻れる筈です。

残念ながらこの日は柏原市の雁多尾畑から青谷に下りました、

予定では大県に下る予定でしたが道を誤ったようです。


南畑歌舞伎一座

明治二十二年(1889)頃、南畑に「日出座」という歌舞伎一座があった。

地元の人たちから南畑歌舞伎と呼ばれ親しまれていた日出座・座長の鶴沢三枝の碑が、この裏手にある。

三枝は地元の青年に歌舞伎を教え一座を結成し、南畑を中心に法隆寺や田原本、更に大阪でも講演したという。

その頃の日本は、清国と交戦して勝利を得たものの不景気となり、大阪の道頓堀の芝居も経営不振となったので、この「日出座」に代わって晴れの舞台に出演し、「日出座さんへ」というのぼりが道頓堀になびいたという。

慶應生まれの鶴沢三枝こと森惣三郎氏は、名優と言われていた。

高さ1mの石碑は、63歳になった三枝を祝って門弟たちが建てたもので、碑面には「日出座・鶴沢三枝」と大きく刻まれている。

三枝が南畑の地で一座をおこした当時は娯楽の少なかった時代だけに、その芸は地元をはじめ各地の人達を魅了し喝采を得たことであろう。

尚、第二次大戦後(昭和二十三年頃)南畑青年団が青年芝居を復活され、「修善寺物語」が得意であったという。

平成十一年三月 三郷町教育委員会』

※ 境内掲示より


何とも言えませんが、交通網の未発達の時代に此処から道頓堀へどうして通ったのでしょうか。