(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2017年04月16日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

生駒郡斑鳩町龍田 龍田神社


奈良県生駒郡斑鳩町龍田に鎮座する「龍田神社(たつたじんじゃ)」です。

生駒郡三郷町立野南には龍田大社(たつたたいしゃ)が鎮座していて広大な境内に驚いたのですが、その時に地図を見ていてこの神社の存在には気が付いていたのですが、訪問が先送りになっていました。

法隆寺(ほうりゅうじ)からそう離れていないことに驚いたのですが、国道筋から少しばかり離れた旧道に鎮座しているために気が付かなかったようです。

樹木も巨樹が少ないので余計に目につかなかったということでしょうか。


由緒沿革

産土神

風宮龍田神社の御祭神は天御住之大神、国御柱之大神の二荒魂と龍田比古之大神、龍田比女之大神、陰陽二柱の皇神である。

雨風を鎮め水難、疫病を防ぐ神と楓・桜等の四季を司る神を祀る。

五穀豊穣、息災長寿、天地萬有厄除の神である。

延喜式神名帳所載の龍田地主大神である。

他に末社として十二社を祀る。

十代崇神天皇の御代に年穀の凶作が続いたとき、帝自ら卜占をもって占い、天神地祗を龍田山の聖地に祀られた。

後聖徳太子が推坂山で法隆寺建立の地を指示された龍田大明神を法隆寺の守護神として鬼門除神として法隆寺建立と同時に御廟山(錦ヶ丘)南麓の地に移し祀られた。(聖徳太子伝私記より)

中世は法隆寺より別当坊三十口を給う龍田三千講、平群四十八郷の産土神として荘厳なる崇儀を行った神宮である。』

※ 境内掲示より



『県指定 天然記念物

由緒沿革

昭和三十二年六月十三日指定

ソテツは雌雄異株の裸子植物で、分岐の少ない円柱状の茎に、大形で羽状の葉を茎頂にむらがらせてつける。

成長すると高さ数mにもなる常緑樹で、熱帯から亜熱帯にかけて分布し、その一部は九州南端にも自生している。

雄花も雌花も大形で茎頂につけるが、暖地でなければほとんど花をつけることがなく、近畿ではまれに八月頃に見られる。

このソテツの巨樹は植栽されたもので、東西に二株あり、根元の総周囲は約5.7mに達する。

茎頂にはしばしば雄花を付けている。

平成十一年三月

奈良県教育委員会』

※ 境内掲示より


他に「金剛流發祥之地」の石碑があります。

また参拝に来ます。


関連情報レポートリンク

【生駒郡平群町 神社一覧】