(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2016年11月27日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

橿原市忌部町 天太玉命神社


奈良県橿原市忌部町に鎮座する「天太玉命神社(あめのふとたまのみことじんじゃ)」です。

大和三山の畝傍山を南麓の橿原神宮(かしはらじんぐう)からぐるっと西側を廻って北側に辿り着きました。

陵墓が近くに有るのですが、この神社の鎮座地は森の中にあり集落と集落の中間部と云った場所でしょうか。

夏でも涼しさを感じる鎮座地として相応しいという感じがあります。


天太玉命神社(あめのふとたまのみことじんじゃ)

曾我川西岸に鎮座。旧村社。近世には春日社(かすがしゃ)と称していた。

室町時代には太玉命社(ふとたまのみことしゃ)として奈良興福寺(こうふくじ) の配下に属し、神宮寺の連光寺(れんこうじ)もあったが、江戸時代に入って衰弱したようである。

「五郡神社記」には破風造の社殿が二つあったことを記す。

式内太玉命神社(ふとたまのみことじんじゃ)は天安三年(859)一月二十七日に従五位下より従五位上に昇叙(三代実録)、飛鳥神の四裔神(しえだがみ)の一社であった(貞観十年(868)六月二十八日「太政官符」類聚三代格)。

太玉命(ふとたまのみこと)は忌部氏(斎部氏)の祖神で、忌部町は忌部氏の居地と考えられている。』

※ 寺院神社大辞典(大和・紀伊)より


周辺部は再訪問してじっくりと味わいたい地域です。


関連情報レポートリンク

【奈良県橿原市 神社一覧】