(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2016年11月25日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

生駒郡安堵町東安堵 飽波神社


奈良県生駒郡安堵町東安堵に鎮座する「飽波神社(あくなみじんじゃ)」です。

地理不案内で村落内に入り込んで来たら、玉垣が見えて来たので参拝出来ました。

駐車余地がありそうなのですが、停めて良いものやら解らないので道路際の空き地に寄せて停めていたのですが、小学校の帰宅の時間に重なったのか集団下校の集団に出会いました。

土地勘が無いので何処にいるのか良く解りません。


飽波神社(あくなみじんじゃ)

祭神は素戔嗚命(すさのおのみこと)

江戸時代には牛頭天王社(ごずてんおうしゃ)と称した。

聖徳太子の飽波宮(あくなみのみや)跡と伝えられる。

安堵庄総社で、江戸時代以後は東西両安堵村の氏神となる。

神殿は春日造、檜皮葺。

境内末社は住吉(すみよし)水分(みくまり)神明(しんめい)春日社(かすがしゃ)

雨乞いの南無手躍り(なもでおどり)が奉納され、その衣装は現在県文化財に指定されている。』

※ 境内掲示より


境内には「太子こしかけ石」がありました。。

神社の玉垣沿いの道は「太子道」で『聖徳太子が飛鳥京(あすかきょう)から斑鳩宮(いかるがのみや)の間を行き来されたと伝えられる』と説明されています。

道標に「広峰神社(ひろみねじんじゃ) 0.6㎞」と書いていたので訪問して見ることにしましたが、辿り着くことは出来なかったので、次回のお楽しみにします。

法隆寺(ほうりゅうじ)を通り過ぎて天理の手前で集落に入り込んだので凡その位置は解るのですが、再訪問を数回しないと何処にいるか解らないのは困ってしまいます。

凡その位置は家に戻ってから解ったのですが、一方通行なので戻ることは出来ませんでした。


関連情報レポートリンク

【生駒郡平群町 神社一覧】