(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2016年09月03日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

奈良市丹生町 丹生神社


奈良県奈良市丹生町に鎮座する「丹生神社(にうじんじゃ)」です。

布目ダムから柳生へ向かう途中に参拝しました。

いずれにしろ、驚きばかりしかありません。

こんな山中に立派な神社が存在している理由が解りません。

それほどの人口があったとは思えないのですが、いががなものでしょうか。。


丹生神社(にうじんじゃ)

由緒不詳。

本殿に罔象女神(みづはのめのかみ)を相伝に植山姫命(はにやまひめのみこと)を禁祭神としてまつっている。

現在の本殿棟木に嘉吉二年(1442)の墨書があり、国の重要文化財に指定。

この神社で室町時代に「題目立」の行事がおこなわれたようで、当寺の歌詞や衣装や面が保存されている。

なおこの神社にはその頃、村人たちの悲願をこめて書いた「大乗経」2百巻がおさめられていたが、明治二十四年頃に福王寺(ふくおうじ)に移され、その後、いつの間にか紛失してしまった。

明治三十七年この大乗経が海外に売られようとしていると聞いた由良哲次氏(もとこの神社の社家で神社とゆかりの深い方)が私財を投じて、古物商から買いとり神社に奉納され、現在、社宝として保存されている。

末社として七柱神社(しちはしらじんじゃ)二柱神社(にはしらじんじゃ)や、寛文五年(1665)在銘の釣燈籠、元禄二年(1689)及び元文四年(1739)在銘の石灯籠がある。

この神社の祭神は女神で、伊勢の神楽が大嫌いだから、獅子舞が大嫌いだから、獅子舞があると必ず雨が降るという。

神社本殿は昭和二年四月二十五日重文に指定、丹生町ある。

本殿は春日造桧皮葺。

桁行約4.24メートル、梁行1.5メートル。

正面向拝は三方回縁で欄干勾欄付、棟木に鬼板をつけ、千木、堅魚木をおいている。

棟木に「嘉吉二年(1442)壬戌十月十三日長谷寺(はせでら)御坊二郎大夫大工藤原宇次」の墨書がある。

蟇股(かえるまた)勾欄擬宝珠(こうらんぎぼし)はうつくしい。』

※ 境内掲示より


また訪問することにします。


関連情報レポートリンク

【奈良市 神社一覧】