(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2016年04月23日】

reporter 100円/day LINK100サービス〔4URL & 20,000ページからのリンク〕 の案内です。
社会貢献活動 ふるさと応援行動(Hometown assistance action)
xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

奈良市下狭川町 九頭神社


奈良県奈良市下狭川町に鎮座する「九頭神社(くずじんじゃ)」です。

御旅所(おたびしょ)田部神社(たべじんじゃ)で、此処に鎮座する九頭神社(くずじんじゃ)とJR笠置駅寄りの奈良市広岡町に鎮座する九頭神社(くずじんじゃ)と勘違いしていました。

同名の神社が多いと良く解らなくなります。

この道は昔、奈良駅と笠置駅との路線バスが走っていて、狭い所で出くわした記憶があり、あたふたと広くなるまで走って来たので見落としたようです。


九頭神社(くずじんじゃ)

古くは九頭大明神(くずだいみょうじん)

天手力男命(あめのたぢからおのみこと)

創建年代不詳、旧狭川指定村社 諸資料伝承等により、室町時代末期(紀元千五百年前後)と推定されていまする

江戸時代以前から産土神(うぶすなかみ)鎮守神(ちんじゅかみ)として信仰されて来た。

くず神は竜神で水を恵み、水の害を守る水神、又、農業の神として祭られたものと思われる。

祭神は天の岩戸の神話に現われた神で力の神、家門を守る神である。

右殿

  御霊神社(ごこくりょうじんじゃ) 金峯神社(きんぷじんじゃ) 宗像神社(むなかたじんじゃ) 白山神社(はくさんじんじゃ)

左殿

  春日神社(ごこくかすがじんじゃ) 天照皇大神社(てんしょうこうたいじんじゃ) 八幡神社(はちまんじんじゃ) 常陸神社(ひたちじんじゃ)

境内社

  各地域にあった社祠を明治に至って統合し二殿に合祀されたものである。

  護国神社(ごこくじんじゃ) 五十八柱の当地出身の戦没者の御霊を祀る。

宝庫

  旧神宮寺(薬師堂)の一建物を移したもので神仏両方の宝物を収めてある

石燈篭 五十六基

  最古のものは長享三年七月(1489)施主本廣と記銘。

  その他の石燈篭、石垣、手水鉢には江戸時代の年号の記録が多い

狛犬 五対

大般若経 六百巻

上狭川座(敬神講)保有の古能面拾面

神木公孫樹は 樹齢 五百年

祭典

  例祭神幸祭 十月十七日

  祈年祭御田祭 二月十七日

  新嘗祭 十一月二十三日

  月次祭 毎月一日、十八日

宮座

  二座(上狭川西、西敬神講、下狭川敬神講)

  例祭には古風な一連の神事芸能(田楽翁舞)が演じられる

御旅所

  田辺の森(田辺神社(たべじんじゃ))〔田部神社(たべじんじゃ)

以上』

※ 境内掲示より


神木の公孫樹の巨樹が保存樹として指定されている立て札がありました。

境内を見ていると歴史を感じるのですが、本殿は朱(赤)で非常に綺麗な状態ですし、神護寺でしょうか、何やら寺院風の建物も混在しています。

再訪問します。


関連情報レポートリンク

【奈良市 神社一覧】