(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2015年12月27日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

橿原市木原町 耳成山国有林と耳成山公園と古池


奈良県橿原市木原町に鎮座する「耳成山国有林(みみなしやまこくゆうりん)耳成山公園(みみなしやまこうえん)古池(ふるいけ)公式HP〕」です。

近鉄大阪線がすぐ南側を通っていて春先には桜が咲いているなと思っていました。

是非、桜の時期に訪問したいと予てから思っていましたが、やっとその機会が訪れることになりました。


名勝 大和三山 耳成山(みみなしやま)

  平成十七年七月十四日 文部科学省指定

奈良盆地の南部に位置する香久山(かぐやま)(152.4m)、畝傍山(うねびやま)(199.2m)、耳成山(みみなしやま)(139.7m)の三つの小高い丘を総称し、大和三山と呼びます。

香久山は桜井市の多武峰から北西に延びた尾根が浸食により切り離され小丘陵として残存したもので、畝傍山(うねびやま)耳成山(みみなしやま)は盆地から聳えるいわゆる死火山です。

三つの山は古来、有力氏族の祖神など、この地方に住み着いた神々が鎮まる地として神聖視され、その山中や麓に天香山神社(あまのかぐやまじんじゃ)畝火山口坐神社(うねびやまぐちにますじんじゃ)耳成山口神社(みみなしやまぐちじんじゃ)などが祀られてきました。

また、皇宮造営の好適地ともされ特に藤原宮の造営に当っては、東・西・北の三方にそれぞれ香久山(かぐやま)畝傍山(うねびやま)耳成山(みみなしやま)が位置する立地が、宮都を営むうえでの重要な条件にされたと考えられています。

大和三山を詠んだ和歌は多く、重要な歌枕として鑑賞上の地位を確立したほか、近世の地誌、案内記、紀行文などでも紹介され、万葉世界を代表する名所として、広く知れわたるようになりました。

耳成山(みみなしやま)は大和三山で最も低い山ですが、円錐状の整った秀麗な山容をしています。

畝傍山(うねびやま)と同じく瀬戸内火山帯に属する死火山で、浸食や盆地の陥没と堆積によって、現在の姿になりました。

万葉集の中で耳成山が単独で詠まれる例はなく。他の二山とともに読まれました。

耳成山(みみなしやま)を詠んだ万葉集

香久山は 畝火ををしと 耳梨と

相あらそひき 神代より

かくにあるらし 古昔も

然にあれこそ うつせみも 嬬を

あらそふらしき

中大兄皇子(巻一 ― 十三)

橿原市教育委員会 奈良森林管理事務所』

※ 境内掲示より


訪問して見て池があることを知りました。

丁度、満開の桜が多くの人を呼び寄せていました。

残念ながら天気が良くなかったのですが、雨も降っていなくて、暑くも寒くも無いという絶好の花見日和であったのですが、少々厚着をしていたので耳成山口神社(みみなしやまぐちじんじゃ)に参拝の為に登ったので汗びっしょりになってしまいました。

神社まで足をのばす人は家族連れにはいなくで年配の史跡巡りのようなグループが登っていました。


大和三山