(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2015年10月28日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

橿原市木原町 耳成山口神社


奈良県橿原市木原町に鎮座する「耳成山口神社(みみなしやまぐちじんじゃ)」です。

耳成山国有林(みみなしやまこくゆうりん)耳成山公園(みみなしやまこうえん)古池(ふるいけ)でも紹介していますが、近鉄大阪線の車窓から見るたびに訪問したいと願っていました。

しかし、地形図などを見ても神社の存在は知りませんでした。

来てみて良かったという事ですね。


『耳成山 山口神社由緒

はじめに

本日は ようこそ ご参拝なされました。

この神社は、耳成山の八合目にあります。

耳成山は 大和三山の一つで天香久山(あめのかぐやま)畝傍山(うねびやま)と同じく 大和の名山であります。

分けてこの山は 二上山 若草山 と同じく神代の糞火山でしたが やがてその活動を終え その後盆地の陥落などにより 元はもっと高かった その頭部が このような笠山の端麗な山姿を見せ 古代から 天神山と呼ばれ 仰がれてきました。

標高は139.7m ところが山麓で既に約60mありますので 比高 凡そ80mの登山です。

さぞかし 楽々遊山でお越し頂いたのでは と拝察いたします。

でも大変お疲れさまでした。

創建とその経緯

創建の年代は定かではありませんが 古く 既に

* 正倉院の天平税帳には 天平二年(730)に時の帝より 神戸(租税を神社に納める農民)および稲を給わった とあり

* 平安時代の延喜式神名帳(全国の神社一覧表)にも大社として記載されていて 帝より月次・新嘗の二つの祭典を仰せつかったとされている(岸根 一正「奈良を学ぶ」)

* 貞観元年(859)九月 大八州(日本全国)に 大暴風雨があり その時帝よりの遣使が参拝して 風雨鎮めの祈願をしたと記されている

* しかし その後何故か荒廃して 一時その所在すら判らなくなったが 寛延元年(1748)八月 耳成の郷中(村の人々)の氏子が 現存の神殿(春日造り)および拝殿の建立をして現在に至っております

* なお 拝殿には 近世からの絵馬数点と算額も掛かり 信仰の歴史を描き残しています

注 算額とは 和算家が自信が発見した数学の問題や解法を神社などに奉納した絵馬のこと です。

そして境内には 稲荷社 白龍社 金毘羅宮 なども祀られています

ご祭神

ご祭神 高御産巣日神と大山祇神の二柱です

最初 この世界に現れた神は天之御中主神で その次に現れた神がこの高御産巣日神です

この神様は神社本庁に登録の神の数三千百三十二座の中で最高位の神で 私ども日本人の元祖です

したがって 他の神のような担当神でなく 元の産の親神として 安産 商売の祈願 一切の病気は申すに及ばず 何事も心次第でお聞き届け下さる有難き神様です

大山祇神は 伊邪那岐 伊邪那美の二神が 国産で生んだ 山の神・おおやまつみ(国つ神)で 山の恵みを司って 豊作豊漁をかなえて下さる神様です

現在 この神社は周辺六町(新賀・木原・山之坊・石原田・常盤・葛本)の氏神として祭られています

ご参考

蛭石(ひるいし)

神殿の前の榊の根元から 馬の糞に似た珍しい土塊がでます

これを火であぶると ちょっとした伸縮運動が起こるので 蛭石(ひるいし)と呼んでいます

指先で強く押すと ボロボロ細かくなって 昔から安産の妙薬と言われているそうです

金本 朝一「大和三山の道」

耳成池(みみなしいけ)

耳無の 池し恨めし 吾妹子が来つつ潜かば 水は涸れなむ(万葉集)

  (耳成の池は恨めしい あの娘がさ迷って来て水に入ったなら 水が枯れて死なないようにしてくれればよかったのに)

記念碑

明治四十一年に 陸軍特別大演習の時 明治天皇御野立所として山頂が使用され その記念碑が 山頂と南麓に建てられています

またのご参詣をお待ち申し上げますと共に

  ご家族のご繁栄を祈願して

昭和四十八年十月 秋大祭に臨みて

   日本姓氏 紋章 系譜学士会長

      竹村 清一 記す』

※ 境内掲示より


素晴らしい訪問になりました。

天気は生憎でしたが、寒くも無く暑くもなくと適度な気温でした。

但し、まだ冬装束に近かったので神社まで登ったら大汗をかいてしまいました。

朝夕が涼しく、日中は暑いという服装の難しい季節です。

来て良かったというのが私の今日の成果です。

良き場所でした。


関連情報レポートリンク

【奈良県橿原市 神社一覧】