1

(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2015年10月16日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

桜井市三輪 狭井神社


奈良県桜井市三輪に鎮座する「狭井神社(さいじんじゃ)狭井坐大神荒魂神社(さいにますおおみわあらみたまじんじゃ)〕〔公式HP〕」です。

広大な大神神社(おおみわじんじゃ)の境内の北東付近に鎮座しているのですが、興味深い場所です。

鳥居を潜ると『「神体山」登拝者へのお願い』という看板があり、社務所で手続きするように記されています。

御神体ですので身を引き締めて入山するように求めています。


狭井坐大神荒魂神社(さいにますおおみわあらみたまじんじゃ)

主祭神 大神荒魂神(おおみわあらみたまのかみ)

配祠神

  大物主神(おおものぬしのかみ)

  姫蹈鞴五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめのみこと)

  勢夜多々良姫命(せやたたらひめのみこと)

  事代主神(ことしろぬしのかみ)

当神社は、第十一代垂仁天皇の御世(約二千年前)に創祀せられ、ご本社大神神社(おおみわじんじゃ)で大物主神「和魂」をお祀りしているのに対して、「荒魂(あらたま)」をお祀りしています。

荒魂(あらたま)」とは、逆取的で活動的なおはたらきの神霊で、災時なとに顕著なおはたらきをされます。

特に身心に関係する篤い祈りに霊験あらたかな御神威をくだされ、多くの人々から病気平穏の神様と崇められています。

今「くすり祭り」と知られる鎮花祭は、西暦834年施行の「令義解」に「春花飛散するとき在りて、疫分散して癌を行す。その鎮遇の為、必ず此の祭あり。故に鎮花といふ也。」と記され、万民の無病息災を祈る重要な国家の祭りとして定められています。

予って、別名、華鎮祭・しづめの宮と称されています。

又、御社名の「狭井」とは神聖な井戸・泉・水源を意味し、そこに湧き出る霊泉は太古より「くすり水」として信仰の対象となっています。

御例祭 四月十日

鎮花祭 四月十八日

※ 境内掲示より


拝殿の横から奥へ進むと「狭井神社(さいじんじゃ)の霊泉」が滾々と湧き出ています。

今回の訪問ではコップ一杯戴いたのですが、良い結果がでるように信じています。

神様を試してはいけません。

詳細は別に紹介します。


関連情報レポートリンク


関連情報レポートリンク

【桜井市 神社一覧】