(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2015年08月06日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

宇陀郡御杖村神末 御杖神社


奈良県宇陀郡御杖村神末に鎮座する「御杖神社(みつえじんじゃ)」です。

倭姫命(やまとひめ)巡幸地の伝説に出て来る神社ですのですが、辿り着くまでに時間が掛かりました。

私の持っている地図にはないバイパスが縦横に走っていて、突然途絶えて細い旧道になってしまったり、平行して走っていて何方で辿り着くのか解らなかったり駐車場が不明でお参りしてから気づいたりと大変でした。


御杖神社(みつえじんじゃ)の御神木

上津江杉(かみつえすぎ)

樹齢六百年、幹回り六メートル、室町将軍足利(あしかが)義光(よしみつ)公の自生に植えられたと伝えられています。

祭神久那斗神(くなどのかみ)は、イザナギノミコトが黄泉から出てみそぎをされたときにミコトの杖からお生まれになられた神様で、災禍を防ぎとめて人生行路を守護し、幸福をもたらす大神さまです。

拝殿前の杉二本は、大神さまの杖にて人々に降り掛かる災いを払い避けてくれます。

当神社は、杖から生まれた大神さまと倭姫命(やまとひめ)の杖をおまつりすることから御杖神社(みつえじんじゃ)と称され、村名の由来にもなっています。

此の地は「かみのつえ」の御名が転じて神末「こうずえ」となったとも言われ、天文二十三年(1553)川中島の戦いと同年の当神社の棟札には「伊賀国上津江村」の名を見ることができます。

なお、祇園祭は七月海の日の前日、例大祭は十一月第一日曜日です。』


横の川の水は澄み切っていて本当に素晴らしいのですが、水田が周辺にあるので飲用にするのは少々危険があるように思います。

しかし、本当に清涼な水と神社を取り巻く社叢(しゃそう)の杜の素晴らしさは私には表現が難しいというのが実感です。

河内や大和から伊勢に向かうために辿ったであろう伊勢本街道から少し離れているようにも思うのですが、実際にはどうなっているのでしょうか。

改めて思いなおすのは、昔の人は本当に健脚であったという事です。

早朝から日没まで歩いても毎日30キロメートルというのは相当きついと思うのですがどうなのでしょうか。


関連情報レポートリンク

【豊鍬入姫・倭姫命の巡幸地「元伊勢」めぐり】


関連情報レポートリンク

【宇陀郡 神社一覧】