(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2015年07月25日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

大和郡山市美濃庄町 正一位松繁大明神


奈良県大和郡山市美濃庄町に鎮座する「正一位松繁大明神(まつしげだいみょうじん)」です。

直ぐ近くに鎮座する大将軍神社(だいしょうぐんじんじゃ)に詣った帰路に何やら赤い鳥居のようなものがチラチラ見え隠れしたような気がしてぐるっと廻り込んできました。

しかし、道路からの経路が良く解りませんでした。


松繁大明神(まつしげだいみょうじん)

祭神 正一位松繁大明神(まつしげだいみょうじん)

御由緒

安政六年(1860)山城国紀伊郡(現在の伏見区)本宮より御安鎮される。(現伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)

国家安泰、五穀豊穣、商売繁盛、御神徳、あらたかなり

御祭神日 二十七日


「正一位」は天皇に会える官位だそうで、神様は下がることがないので全て最上位に達するとどこかに書いてあった記憶があります。

未だに官を退職すると貰っているようですが、意味不明の社会です。

いずれにしても、奈良盆地の地図を見ているとほぼ確実にといっても良いほど複数の戸数があれば神社のマークがあります。

古くから天皇がいたからということになるのでしょうか。

実際のところは私には解りませんが、村の集会場も兼ねていたとすればそこそこの意味はありそうです。


関連情報レポートリンク

【大和郡山市 神社一覧】