(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2015年07月21日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

奈良市都祁南之庄町 三陵墓東古墳


奈良県奈良市都祁南之庄町の三陵墓古墳群史跡公園にある「三陵墓東古墳(さんりょうぼひがしこふん)〔〔公式HP〕」です。

都祁水分神社(つげみくまりじんじゃ)を目指して走っていると、三陵墓古墳群史跡公園(さんりょうぼこふんぐんしせきこうえん)という看板が道端にありました。

駐車場に車が停まっていておじさんがの前方後円墳の三陵墓東古墳(さんりょうぼひがしこふん)の前方部の草刈りをしていました。


奈良県指定史跡

三陵墓東古墳(さんりょうぼひがしこふん)

この古墳は大和高原(やまとこうげん)宇陀郡(うだぐん)の中では最大級の前方後円墳(ぜんぽうこえんふん)墳丘(ふんきゅう)長約110m、後円部径約72m、前方部長約39m、前方部幅約50mの規模です。

墳丘斜面には葺石(ふきいし)が施され、後円部は三段に形づくられていて各段と墳頂部(ふんちょうぶ)には埴輪(はにわ)が立て並べられています。

また前方部と後円部との高さの差が7.5mとかなり大きく、五世紀の後半でも古いころに造られたものです。

主体部は未発掘ですが、粘土槨(ねんどかく)と思われる埋葬施設(まいそうしせつ)から銅鏡(どうきょう)二面のほか(たま)類、鉄製武器(ぶき)工具(こうぐ)類が多数出土したと伝えられています。

墓の主は明らかではありませんが、「古事記(こじき)」「日本書紀(にほんしょき)」には「都祁直(つげのあたい)」、「闘鶏国造(つげのくにのみやつこ)」とあり、有力支配者(ゆうりょくしはいしゃ)存在(そんざい)が考えられます。

平成四年三月六日指定

都祁村教育委員会』


本当は後円部の頂上部まで登れるのですが、曇っている間は良かったのですが、日が照ると蒸し暑くて、一所懸命に草刈りをしているおじさんの仕事の手を止めることが憚られましたのでもっと涼しい時期に再訪問しようという事になりました。

いずれにしろ、この地にこんなに大量の古墳や遺跡などの史跡が存在していることに正直驚いたというのが本音です。

なんとなく変なモニュメントが立っている「三陵墓西古墳(さんりょうぼにしこふん)」に上ってみました。


関連情報レポートリンク

    奈良市都祁南之庄町 三陵墓古墳群史跡公園周辺の史跡

  • 三陵墓東古墳

  • 三陵墓西古墳

  • 三陵墓東古墳

  • 三陵墓西古墳

  • 三陵墓南古墳

  • 市場古墳郡

  • 観音山古墳郡

  • 小山戸城跡

  • 丸尾遺跡

  • 高塚遺跡

  • ゼニヤクボ遺跡

  • 東山遺跡

  • 川向古墳群

  • 川向遺跡

  • 小治田安萬保麿墓


関連情報レポートリンク