(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2015年06月01日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

宇陀市榛原自明 弘法大師爪書き不動尊


奈良県宇陀市榛原自明にある「弘法大師爪書き不動尊」です。

自明不動尊(じみょうふどうそん)不動堂(ふどうどう)」と並んであります。

私は宇陀市榛原赤埴の「仏隆寺(ぶつりゅうじ)」から宇陀市榛原高井に鎮座する「伊豆神社(いずじんじゃ)」経由で榛原方面に戻る途中でトイレがあるので停車して往路に何かあるなと思っていたのを確認できました。


弘法大師爪書き不動尊

右の岸壁には「弘法大師爪書きの不動尊」と伝えられる磨崖仏(まがいぶつ)が描かれており、伊勢本街道筋のことでもあり、昔日は往来の旅人や近在の人々の信仰をあつめ霊験あらたかであったと言い伝えられてきました。

伝説の通り弘法大師の眞跡とすれば既に千二百の歳月が流れたことになりますが、確かに古いもので鎌倉時代以前のものと推定されます。

現実に風化も激しくその線画は判然としませんが、現在でも地元民や多くのハイカー等のお参りで熱い信仰の対象となっています。

又、左の方にあるお堂は、往時の参詣人やお伊勢参り・山上(大峰山)参りの旅人へのお茶接待所でありました。

建替え等により今はその名残さえありませんが、地元では現在も「茶所」と呼んでいます。

自明不動尊(じみょうふどうそん)


ここに茶屋があったのは不思議ではないロケーションであると感じました。


関連情報レポートリンク


関連情報レポートリンク

【宇陀市 寺院一覧】

【★】は、参拝は、不可、又は事前連絡要の寺院