(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2015年05月13日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

天理市櫟本町 和爾下神社


奈良県天理市櫟本町に鎮座する「和爾下神社(わにしたじんじゃ)〔和爾下神社古墳〕」です。

本殿が改修中でしたし、訪問時には気が付かなかったのですが、少しばかり東側に高龍神社(たかおかみじんじゃ)が鎮座しているようなので再訪を検討します。

周囲には柿本寺(かきもとじ)を初めとして数多くの史跡もあるようなのでじっくりと回る計画を立てないといけないようです。


和爾下神社(わにしたじんじゃ)(本殿重要文化財)

神護景雲三年(769)東大寺(とうだいじ)領の櫟庄へ水を引くため高瀬川の水路を今の参道に沿った線を移し、道も新しく真直ぐに造らせたので、和爾下神社(わにしたじんじゃ)古墳の上に祀られた神社で櫟本の地方に居た豪族の氏神であったが、今は櫟本鎮守の神社である。

この治道社の(春道社とも書く)祭神は素戔嗚命の本地が牛頭天王であるので、天王社ともいわれ、ここに建てられた柿本寺との関係で柿本上社ともいわれた。

明治初年に延喜式内の和爾下神社(わにしたじんじゃ)がこれにあたると考証されて社名を和爾下神社(わにしたじんじゃ)と定めた。

今の社殿は三間社流れ造り、桧皮葺一間向拝付で桃山時代の様式を備え、古建築として重要文化財に指定されている。

祭神は、素戔嗚命 大巳貴命 稲田姫命

例祭 七月十四日 祇園祭、十月十四日 氏神祭礼

天理市教育委員会』



和爾下神社(わにしたじんじゃ)古墳

東大寺山丘陵の西麓台地上に築造された前方後円墳である。全長約120メートル、後円部直径約70メートル、高5メートル、前方部幅50メートルである。

前方部が短く、端部が両側へ撥形に開く特異な形態である。

当古墳と、東大寺山古墳、赤土山古墳、及びシャープ総合開発センター内に所在する古墳などにより東大寺山古墳群を構成している。

当古墳から東北約800メートルには和爾の集落があるが、この周辺一帯は、古代大和政権の一翼をになった和爾氏の本拠地と推定され、東大寺山古墳群は和爾氏の奥津城と考えられている。

内部主体や副葬品は明らかではないが、墳丘西側には石棺材があり、また昭和五十九年の防災工事に伴う調査において一基の埴輪円筒棺が検出された。

これらの遺物により古墳の造営時期は。四世紀末から五世紀初頭と推定されている。

天理市教育委員会』


国道169号線の和爾下神社(わにしたじんじゃ)前交差点に一の鳥居があります。

「正一位 稲荷神社」も鎮座していますし、神様の鎮座する祠もあります。

『長忌寸意吉麿歌八首』の石碑もあります。

どのように頭の中を整理すればよいか戸惑ってしまいます。

いずれにしろじっくりと調査して再訪する日を期待しています。

何事にも事前調査が重要です。


関連情報レポートリンク

【天理市 神社一覧】