(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2014年12月21日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

奈良市月ヶ瀬桃香野 龍王梅林


奈良県奈良市月ヶ瀬桃香野にある「龍王梅林(りゅうおうばいりん)」です。

伊賀へ越してきて予てから噂に聞いていた月ヶ瀬の梅を楽しみにしていたのですが、先日は雨で花もまだまだという所でしたが、今回の訪問でようやく咲いてきたかという雰囲気を楽しめました。

もう少し公共交通機関が発達しているともっと訪問しやすいのでしょうが、足の便が少々悪すぎるようです。

名張川(五月川)を堰き止める様に高山ダムが作り出すダム湖沿いの道に沿って梅の花が咲いていて所々に「○○梅林」と名札が立っています。

桃香野の大きなヘアピンカーブを南方向へ走ったらすぐにこの「龍王梅林(りゅうおうばいりん)」に辿り着きます。

私は奈良市中町の暗越奈良街道沿いの「追分梅林(おいわけばいりん)」を想像していたので少々違和感を感じざるを得ませんでした。

谷崎潤一郎が良く訪問して絶賛していたということで、歌碑と訪問をしたことを彫った碑が立っています。

わがや()の梅のさかりを よそにして たづ()てぞこ() 月ヶ瀬農里

「わが宿の梅のさかりをよそにして 訪ねてぞこそし 月ヶ瀬の里」

と谷崎潤一郎は詠っています。

こういう碑文は読めないなと思ってたのですが、漢字も充てられていることが解ります。


谷崎潤一郎の碑

谷崎潤一郎(1886 - 1965)は、大正から昭和にかけて春琴抄、細雪など多くの著作を続け文化勲章を受章した有名な作家である。

改造社刊「日本地理体系」に次の文を添えている。

「名所とゆうものは行ってみるとさほどでもない所が多い。

けれど昔から花の吉野と並び称されている月ヶ瀬の梅ばかりはまことにその名に背かない。

あの五月川の水を挟んで蛇蜒一里に余る渓谷に真珠の粒をばらまいた様な萬朶の花の香る景色を私は毎年早春頃になると思いだす

今年も行ったし二・三年前にも行ったがまた来る年も来る年も暇さえあれば何時でも行きたいと思う」

昭和四年三月 月ヶ瀬に遊びて

平成六年二月建立 月ヶ瀬梅渓保勝会』


なかなか言い得て妙という事が当てはまる内容です。

吉野の桜も月ヶ瀬の梅も時期を外せばガッカリです。

昨年訪問した赤目渓谷の紅葉などは既に葉が散ってしまっていました。

タイミングを合わせることが重要ですね。


関連情報レポートリンク