(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2014年11月14日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

宇陀市室生上笠間 薬持ち地蔵〔かっけ地蔵〕


奈良県宇陀市室生上笠間にある「薬持ち地蔵」別称「かっけ地蔵」です。

三重県名張市安部田に鎮座する鹿高神社(かたかじんじゃ)横の道を北へ上ってきて山中で少々迷ったところ、この場所に辿り着きました。

集落に掲示されていた防災地図を見て道路を選んだらえらい目に遭ったというのが本音です。


薬持ち地蔵

この峠のお地蔵さんは別名「かっけ地蔵」といわれ足の病気や種々の病にご利益があったと言われています。

この伊勢街道を歩く人々に厚く信仰されました。

又、この道は伊賀一ノ井の極楽寺(ごくらくじ)より東大寺(とうだいじ)二月堂(にがつどう)お水取り松明の奉納送り道でもあります。』


「伊賀一ノ井」というのは現在の「三重県名張市赤目町一ノ井」で山を下ると行き着くのですが、ここまではつづら折りの急坂になっています。

昔の人はと言いたいのですが、今でも東大寺(とうだいじ)二月堂(にがつどう)お水取り松明の奉納していますので引き続き利用されている道です。

お地蔵さまは車道ではなく山道に設置されています。


関連情報レポートリンク

【宇陀市 寺院一覧】

【★】は、参拝は、不可、又は事前連絡要の寺院