(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2014年10月07日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

宇陀市榛原高井 伊豆神社


奈良県宇陀市榛原高井に鎮座する「伊豆神社(いずじんじゃ)」です。

宇陀市榛原赤埴にある仏隆寺(ぶつりゅうじ)の千年桜を見に行った際に登り口になるのがこの村落です。

周辺の土地勘が全くないので、近鉄大阪線の榛原駅から南東方向かなと少々不安な状況であったのですが、えらいもので何回か周辺を訪問しているので最近ではあらかたのロードマップは頭の中に出来つつあります。

風光明媚な場所が多いのには感心しますが、大阪の雑踏に住んでいた私たち夫婦には少々物足りなさもあります。


伊豆神社(いずじんじゃ)

御祭神

伊豆大神(いずおおかみ)高水上神(たかみなかみのかみ)福井神(さくいのかみ) ニ柱)

大山祇神(おおやまつみかみ)

伊豆大神(いずおおかみ)の神名は御神徳霊験改かなる事を御稜威(いず)と云うに由来する。

大山祇神(おおやまつみかみ)と共に氏子を自然の驚異から守り生活の全てを支えて下さる御神徳をお持ちです。

由緒

古老の口碑に伝聞に云創立延長三年(903)の頃、此の所へ鎮祭りて、此里の氏神と崇祭り在に因で高井の二字を取り村名を高いと称す

又曰く桧牧村に坐す御井神社(みいじんじゃ)の神 生井神(いくいのかみ)福井神(さくいのかみ)綱長井神(つながいのかみ) 三柱の内、福井の神一柱を長久三年(1043)秋九月五日遷奉りて、此所の産神と崇神なり

大和志によると御井神社(みいじんじゃ)の欄には「― 略 ―」となっている処から、元来御井神社(みいじんじゃ)を氏神としていたのを、高井独自の氏神伊豆神社(いずじんじゃ)を勧請し奉斎した事が伺われる。

明治四十年より政府が積極的に行った神社整理合併の政策により、明治四十一年三月三日、字椿尾垣内大将軍鎮座の大山祇神社(おおやまつみじんじゃ)を合祀する。

翌年より二ヶ年を要して御造営を完成させる。

現在の境内及び諸施設は二十年毎の式年造営を経ているが概ねこの時のものである。

社務所内には神仏習合時代の名残として弥勒菩薩(みろくぼさつ)とその脇土毘沙門天(びしゃもんてん)不動明王(ふどうみょうおう)を安置している。

又神社奉斎を旨した頭屋組織も残っている。

祭日

 御例祭 十一月二日

 祈年祭 二月十三日

 新嘗祭 十二月十三日

 月次祭 毎月十三日』


神仏習合の名残だと思いますが同一境内には「浄土真宗本願寺派 慧日山 真楽寺(しんらくじ)」があります。

いずれにしろ、境内の境界もはっきりしませんし、と思っていたのですが、説明書きに在る「社務所…弥勒菩薩(みろくぼさつ)とその脇土毘沙門天(びしゃもんてん)不動明王(ふどうみょうおう)を安置」というのは、こちらの本堂ではないのかとも考えてしまうのですが、実際のところはどうなのでしょうか。

境内には「庚申塚(こうしんつか)」も見ることができます。


関連情報レポートリンク

【宇陀市 神社一覧】