(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2012年03月11日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

奈良市法蓮町 不退寺


奈良県奈良市法蓮町の「不退寺(ふたいじ)」です。別称は業平寺(なりひらじ)とも言われているようです。

12月始めにテレビで不退寺(ふたいじ)が紹介されていて、天気も良かったので、数回近くを通ったこともあるのですが、あまり詳しく知らないのでこの周辺を訪問してみることにしました。

不退寺由来

仁明天皇の御勅願により、在原業平朝臣の建立になる。

当時は南都十五大寺に数えられた古刹である。

大同四年(809)平城天皇御護位の後、この地に「萱の御所」を造営せられ、阿保親王(平城天皇の皇子)<の歿後、その皇子であった在原業平が承和十四年(847)詔を奉じて旧居を精舎とし、父親王の菩提を弔うと共に、本尊聖観音像を安置して衆生済度のために「法輪を転じて退かず」と発願し、不退転法輪と号し、略して不退寺(業平寺)と称した。

重要文化財 南大門(鎌倉時代)

      本堂(室町初期)

      多宝塔(鎌倉時代)

      聖観音菩薩(かんのんぼさつ)(平安初期)

      五大明王像(平安中期)

県・文化財 阿保親王像(平安初期)

      地蔵菩薩(じぞうぼさつ)像(鎌倉時代)

重要文化財 舎利党(鎌倉時代)

      石棺(古墳時代)

      石率都婆(鎌倉時代)』

不退寺の手前で20名程度の年配の方の集団に遭遇しました。彼らが入るのなら拝観をやめようと思って様子を伺っていたのですが、結局、誰がリーダーシップを発揮するのでもなく、ほとんど会話もないままに五分程度経過したので、諦めて「狭岡神社(さおかじんじゃ)」に向かいました。

門前の駐車スペースに地蔵様大集合しておられます。

24号線バイパスなどの工事で集められてきたのでしょうか。


関連情報レポートリンク

【奈良市 寺院一覧】

【★】は、参拝は、不可、又は事前連絡要の寺院