(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年12月23日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

奈良市佐紀町 史跡 平城宮跡(第一次大極殿正殿)


奈良県奈良市佐紀町にある「史跡 平城宮跡」内の2010年に完成した「第一次大極殿正殿」です。

恭仁京(くにきょう)遷都までの大極殿を第一次大極殿と呼ぶそうなのですが、復元されている建物は立派なものです。

平城宮東寄りの壬生門北に位置しているとされている第二次大極殿跡は、恭仁京(くにきょう)大極殿の規模と一致するところから745年(天平15年)に壬生門北に移動したものと考えられたがという記載がWikipediaにあるのですが、千年以上前にこの規模の建造物が建てられたと言う事は想像するのが難しい難工事であったのでしょうか。

それにしても南の近鉄奈良線沿いには朱雀門(すざくもん・しゅじゃくもん)も復元されています。

梅の木も植わっていましたので、梅の季節に訪問するのも良いと思いますし、広大な芝地で弁当を楽しむの一興でしょう。

但し、突然の雨などには隠れるところも少ないので雨具は携行していく方が間違いないと思います。

なんとも言えませんが昔は殺風景な芝地であったのですが、大きく変化したものです。

平城遷都1300年にあたる2010年完成を目指して進められてた第一次大極殿正殿・復元工事が完成していて、幅約44m、奥行き20m、高さ27mの規模の巨大な建物は、驚くほど巨大です。

実際に凄いなと言う感想しかありません。

こんな建物を当該時代に建造したという技術力には驚かされるばかりです。

実際のところはどうなっていたのでしょうか。

個人的には電気製品などを除いて食生活などは現在と大差がないような気がしてなりません。

史跡 平城宮跡」から東の方角に若草山が見えます。

夜に「史跡 平城宮跡」に入れるのかは知りませんが、年初に行われる若草山の山焼きは、近くにいくのも良いと思いますが、この辺りから見える山焼きも一興である様な気がします。

溝などがありますので、夜間に訪問する際には懐中電灯などが必須条件であると思います。

凧揚げで来た事しかないだだっ広い芝地であったのが様々な建造物が設けられていますので違った楽しみもあると思いました。