(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年07月31日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

奈良市中町 葛上神社


奈良県奈良市中町に鎮座する「葛上神社(くずかみじんじゃ)」です。

富雄川の東岸にあります。鳥居から急な石段を登りつめた所に鎮座していますが、なかなかの急傾斜で、私が藤の木台に住んでいた時には散歩の心の休まる静かで涼しい休憩場所として良く利用させて頂きました。

思い出の深い神社です。

葛上神社

本神社は建速須佐命を主神として奉斉し相殿の神は大山咋神、天照大神、三筒男命なり当社の伝記は散逸し或いは火災に羅り知る由なしとも、鎮座以来多くの歳月を経て奈良朝の頃には既に存在したるものの如し、大和添下郡鳥見谷一円を代々領有せし、小野の国麿の時、桓武延暦十三年山城遷都となり、これに伴い丹州山国の庄に御料木切出職を帯びその地に移り代々居住するに及び本殿、和州の領地より本社の亦移されたものなり、その後この旧跡に再び神社を造営したるものとして境内の一隅にある「葛上神社古跡」と記せる石碑あり、その錆より見て正に数百年前なることは、創造に難からず亦相殿の仙川神社は平城宮造営のため当地杣木谷(そまきだに)に渡来した氏神として同地に大山咋神を祭ったものであるが、後、本所に移(年代不詳)したものである。』

浅間神社(境内社)

祭神 木之花咲耶媛

略記 安永二年(1772)中山村講中により当地に勧請される。

日本一の高峰としてその名を知られる霊峰富士山の神が「木之花咲耶媛」である。

神話では自ら出入り口のない産屋を建てその中に入り火を放ったなかで出産を迎え、その結果三柱の神々を無事出産した。

新しい穀霊が誕生するという収穫儀礼や焼畑農耕に関わる穀霊誕生の儀礼が背景にあると考えられ、

「木之花咲耶媛」の農耕神的な性格を示唆している。又、水神的な性格も見られ火を制御する水神誕生の物語と見る事もできる。

このような火中出産の故事から安産の神、又たいそう美しい女性であったことから美容の神として高い信仰を集めている。』

同じ中町の藤の木台に居住していた頃に鎮座する「大和国鹿島香取本宮(やまとこくかしまかとりほんぐう)」から、富雄南小学校と幼稚園の横を通って「霊山寺(りょうざんじ)」経由でよく訪問していました。

なかなか良い散歩コースでしたが、夏場の熱風には驚くばかりでした。

懐かしい場所です。

ボーイスカウトを連れてこの鳥居の前で、野草の天ぷらをした時には、脇の畑のおばあさんが沢山の新芽を摘んでくれたことが記憶にあります。


関連情報レポートリンク

【奈良市 神社一覧】