(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年07月24日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

生駒郡三郷町立野北 多聞地蔵尊


奈良県生駒郡三郷町立野北の多聞橋東詰の多聞橋交差点の一隅に在る「多聞地蔵尊(たもんじぞうそん)」です。

道路は大和川に沿って曲がっていますが、人だけが渡れる多聞橋が大和川を渡っています。川向こうの緑の茂みは奈良県北葛城郡王寺町久度に鎮座する「九度神社」です。

今回は信貴山下駅方面に向かうので訪問できませんでした。

多聞地蔵

花崗岩製で保存状態良好である。

半肉彫り地蔵菩薩(じぞうぼさつ)で、両手を胸前に組み宝珠を持つ精花連座に坐している。

下部に左記の記念銘がある。

    (右) 弘化三午年

    (中央)三界萬霊

    (左) 七月建

古来当地より信貴山への参拝者が多く、坂根(坂上・坂下)地区には信貴山への道標が今も多く残されている。

この地蔵も信貴山への参拝者の交通安全を祈り作られたものと考えられる。

以来、現在に至るまで参拝者をはじめ王寺方面への通勤・通学の人々が足を止め祈念している姿もよく見られる。

坂根(坂下)地区の人々の信仰も深く、手厚く祀られている。

多聞地蔵尊和算

幾百年の歳月を 雨ふる夜も風の夜も

みちゆく人々を御守護成し 受けしすくいは数しれず

皆その徳をしたいつつ 朝夕御香のたゆるなし

げにありがたや地蔵尊 けにありがたや地蔵尊」

本地蔵尊横の多聞橋は、木橋、石橋、コンクリート潜水橋、そして、現在の鋼製の永久橋と変遷している。

この石材は当時の石橋のひとつであり、その頃の面影を今に残す貴重な資料となっている。』

これだけ説明されていると読んでいても楽しくなります。


関連情報レポートリンク

【生駒郡平群町 寺院一覧】

【★】は、参拝は、不可、又は事前連絡要の寺院

【生駒郡三郷町 寺院一覧】

【★】は、参拝は、不可、又は事前連絡要の寺院

【生駒郡斑鳩町 寺院一覧】

【★】は、参拝は、不可、又は事前連絡要の寺院

【生駒郡安堵町 寺院一覧】

【★】は、参拝は、不可、又は事前連絡要の寺院

    【生駒郡安堵町地域】

  • 大寳寺(生駒郡安堵町東安堵)

  • 極楽寺(生駒郡安堵町東安堵)

  • 善照寺(生駒郡安堵町東安堵)

  • 妙楽寺(生駒郡安堵町岡崎)

  • 常徳寺(生駒郡安堵町窪田)

  • 阿土寺(生駒郡安堵町窪田)

  • 円教寺(生駒郡安堵町窪田)

  • 平楽寺(生駒郡安堵町窪田)

  • 大福寺(生駒郡安堵町笠目)

  • 観音寺(生駒郡安堵町西安堵)

  • 法光寺(生駒郡安堵町東窪田)