(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2008年12月21日】

reporter 100円/day LINK100サービス〔4URL & 20,000ページからのリンク〕 の案内です。
社会貢献活動 ふるさと応援行動(Hometown assistance action)
xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

奈良市高畑町 天神社


奈良県奈良市高畑町に鎮座する天神社(てんじんじゃ)です。

春日大社(かすがたいしゃ)から新薬師寺(しんやくしじ)を経て。奈良市高畑町の史跡 頭塔(づとう)まで散策する間にある神社です。

何とも色彩が鮮やかな神社ばかりでした。大阪では稲荷社がこのような色合いになっています。

天神社(てんじんじゃ)略縁起

当神社の境内地を含むこの丘陵一帯は、平城京がわが国の首都であった八世紀、平城の飛鳥(なら)飛鳥(あすか)と呼ばれた聖地でありました。ここにまず祀られたのが国つ神の中心の一柱である少彦名命(すくなひこなみこと)で、手間天神とよばれ医薬や学問の神としてあがめられました。

平安時代になって、奈良の菅原の地を出自とする菅原道真の名声が高まり、道真の霊を祀る天満宮(てんまんぐう)が各地に奉斎されるのにともなって、ここの神域にも相殿が建てられて御霊信仰の主神であり、学問勉学の神でもある菅原道真公の霊(天満天神)が併せ祀られることになりました。

社伝によると平安時代の白河天皇の時でもあるということです。

その後、元興寺(げんこうじ)禅定院あるいは興福寺(こうふくじ)大乗院の鎮守となり、近世には奈良奉行や近郷の信仰を集めて現在に至りました。

天神社(てんじんじゃ)社務所

国家安泰、家業繁栄、学業成就、技能研鑽 皆様の参拝される聖神としてください。』

奈良の神社は朱が目立つようです。

そもそもこの色がいつ頃から使われたのかは興味あります。

韓国の仏国寺(ぷるぶくさ)はもっと緑色もオレンジ色や赤色もありましたのでもう少し異なる色が元々の配色であったのかもしれません。

鏡神社(かがみじんじゃ)も同じような配色で、同じように本殿を拝むようになっています。

大阪の河内の神社とは大違いです。


関連情報レポートリンク

【奈良市 神社一覧】