(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2008年02月10日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

高市郡明日香村祝戸 石舞台古墳


石舞台古墳(いしぶたいこふん)はたどりつくのが難しい飛鳥路の中でも比較的容易にたどり着けます。やはり飛鳥の目玉のような場所であるようです。比較的広い道が石舞台まで続いていますし、観光客も多いのかドライブインのようなものも近辺にはあります。

約33年前(1973)の高校生の時に、サイクリングで訪れた時にはこんなに広い道はありませんでしたし、田んぼの中に石の塊があるようなところでした。その時は多武峰のユースホステルから山道を自転車で下ってきましたので、記憶にもきちんと刻まれていました。

その時は整備もされてなく、田んぼに囲まれたのどかな景色でしたが、今は有料ですし、堀のような溝も掘り込まれていて近づけないのかなと思いましたら、お金を払えば中に入ることはできました。

どうやら制限されているのは、石舞台の上に登ることだけのようです。石舞台古墳(いしぶたいこふん)の上に乗っている二つの石は結構巨大で下から持って上がったとしたら大変な労力です。人力しか無かったような時代にこの様な石をうまく積み上げたものだと感心させられます。

ピラミッドほどの日数はかからなかったと思いますが、このような技術が伝承されなかったのはなぜなのでしょうか。大変な技術であると思うのですが知恵を継承していくのは大変なことであると考えさせられます。

この程度で驚いていては、ヨーロッパの城なんかは石を積み上げて作っていますし、ピラミッドやモアイ像なんかも人力だけで移動して積み上げたり立てたりしているのですから人間の知恵というのは凄いものなんですよね。

それなのに殺しあったりするということは、同じ人間の所業とは思えませんよね。昔の人の方が知恵が満ちていたのでしょうか。

手が込んだ造りで石室の中の底部には石が敷き詰められていますし、結構広いので感心してしまいます。大阪の八尾の千塚や国分の高井田の古墳群なんかはもっと狭い穴蔵が並んでいますが、公開されている中では広いですね。

考古学ファンの方は、東大阪市の郷土博物館にも石室の中には入れる古墳がありますので、訪問されたら良いのではないかと思います。


関連情報レポートリンク