(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2022年10月07日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

東大阪市御厨 御厨行者堂と分署跡


大阪府東大阪市御厨にある「御厨行者堂(みくりやぎょうじゃどう)と分署跡」です。

すぐ東に鎮座する天神社(あまつかむやしろ)や楠根川の向こう岸の知人宅に自転車で行き来するときには良く通っていました。

珍しくも無ければ興味もわかないのでしょうか。

説明書きも気にならなかったのですが、カメラを持っていないことが多くなく撮影もしていませんでした。

撮影した後で伊賀・名張へ引っ越すことになり、レポートせず放置していました。


文明開化(ぶんめいかいか)(まち)御厨(みくりや)

暗越奈良街道(くらごえならかいどう)沿()いに発達した御厨(みくりや)は、明治時代になると、この付近の中心的存在になります。

チョンマゲはザンギリ頭になり、和服から洋服になり(こよみ)も月を中心とする太陰暦(たいいんれき)(旧暦)から太陽暦(たいようれき)に変りました。

また、街道沿いには、乗合自動車(のりあいじどうしゃ)人力車(じんりきしゃ)などが走るようになります。

明治七年二月には、この御厨村(みくりやむら)屯所(とんしょ)が置かれ、番人が配置されました。

屯所(とんしょ)と言うのは、巡査(じゅんさ)が時々交番張りをする所とされていますが、同年八月十二日までは、巡査(じゅんさ)邏卒(らそつ)と呼ばれていました。

同十年になると御厨(みくりや)分署(ぶんしょ)と改名し、同十四年四月一日御厨村(みくりやむら)千八十二番地の民家を借り、「八尾警察(やおけいさつ)御厨(みくりや)分署(ぶんしょ)」が設置されました。

当時の区分でいくと若江郡(わかえぐん)渋川郡(しぶかわぐん)茨田郡(まったぐん)にまたがる地域を管轄していました。

また、明治九年三月十六日河内国御厨(みくりや)郵便局が、御厨村(みくりやむら)千三十三番地に開設されました。

このように先進国的な役所や施設が、いてはやくこの地に開かれたことは、御厨(みくりや)が河内地方の文明開化発生の地であったといえるでしょう。

この地は御厨(みくりや)分署(ぶんしょや)があったところです。

平成十三年三月 東大阪市』

※ 境内掲示より



御厨(みくりや)付近(ふきん)暗越奈良街道(くらごえならかいどう)

大坂玉造(おおさかたまつくり)(明治には高麗橋(こうらいばし))を起点とし、標高 450m の暗峠(くらがりとうげ)を越えて奈良に至る八里八丁の街道が暗越奈良街道(くらごえならかいどう)です。

大坂と奈良を最短距離で結び、古くから利用されていましたが、豊臣秀吉の時代に、大坂城に通う大名が増えて道路が整備され、道ゆくひともしだいに増えてくました。

江戸時代には、大名のほか旅客や荷物の重要な交通路となり、また江戸時代後期には伊勢参りの道として大いに(にぎ)わいました。

御厨(みくりや)植田家(うえだけ)には、大名の休憩所であることを示す「片桐石見守(かたぎりいわみのかみ)」・「松平甲斐守(まつだいらかいのかみ)」の門札が残されています。

また、御厨(みくりや)には明治時代に三軒の茶屋があったと伝えられています。

暗越奈良街道(くらごえならかいどう)長瀬川(ながせがわ)と交わる部分の南西 150m の地点に、「(わた)地蔵(じぞう)」と呼ばれる石仏がまつられています。

大和川(やまとがわ)付替以前、この付近は川幅が 200m 程もあり、舟の渡し場になっていたようです。

川幅がせばまった付替え後、街道に新喜多橋(しぎたばし)が架けられました。

この橋の親柱は、現在新喜多(しぎた)中学校内に移し保存されています。

いっぽう、楠根川(くすねがわ)と交わる部分には長さ八間半、幅一間四尺の橋がかかっていたことが、天和三年(1683)の絵図により知られます。(山澤家所蔵「河州若江郷茨田群之内 御厨官所絵図」)。

この橋は幕府によって架けられたもので、公儀橋(こうぎばし)と呼ばれていました。』

※ 境内掲示より


旧道は細くて曲がりくねったままです。

近くで息子の同級生の家が「御厨だんご」という草餅を売っているのですが、古くからあるものと勘違いされているようですが、歴史のあるものではないのですが、美味しいので通りかかると買ってしまいます。

私は甘党なので仕方がないですね。