(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年12月26日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

大阪市城東区諏訪 福徳延命地蔵尊


大阪市城東区諏訪にある「福徳延命地蔵尊」です。

地蔵尊をいろいろと巡っていると、名前のある地蔵様が少ないのですが、稀にいろいろと謂れのある地蔵様もあるのですが、この地蔵尊はかなり立派な名前があるのですが、由緒書き等は見当たりません。

何もありませんが、立派な提灯と鰐口まであるので、大切にされているのでしょう。

いずれにしろ、子供を見守ってくださる地蔵様は地域の宝でもあります。

いろいろとあちらこちらを回っていると結構な数の地蔵様がおられます。

いかにも大切にされていると思われる地蔵様ばかりなのですし、お参りをされている姿もかなり見かけられます。

仏様であることを認識されていないのかと疑うばかりですが、欧米でこれだけの数の仏様や神様が路傍に鎮座されている国は無いのではないかと思います。

柏原市本堂にある「生安寺」にある「鰐口」が歴史的な謂われがあり『生安寺の堂前の軒下に直径30センチぐらいの鰐口がかかっています。その鰐口の銘帯に「生安寺」と書いてなくて「河内国道明寺長福寺」と書いてあります。長福寺というのは昔、藤井寺市の「道明寺」の境内にあった寺です。この鰐口は1371年の鋳造です。

元亀3年(1572年)に織田信長が古市の高原城を攻めた際、戦火でを避けるため移されそのままになったといわれています。』とあります。

この祠に架かっている「鰐口」にはいかなるれきしがあるのでしょうか。