(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年12月09日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

大阪市北区 毎日新聞大阪本社堂島社屋正面玄関


大阪府大阪市北区堂島にある「毎日新聞大阪本社堂島社屋正面玄関(まいにちしんぶんおおさかほんしゃどうじましゃおくしょうめんげんかん)」です。

「堂島アバンザ」は、何回も来た事があるのですが、気がついていませんでした。

堂島地下街からの出口があり、タバコが吸えるようになっているのですが、東京から出張に来た方と肩身が狭くなってきたと二人で少しばかり話をしていたのですが・・・。

梅田界隈は少し来ないと直ぐに景色が変化してしまいます。

毎日新聞大阪本社堂島社屋正面玄関(まいにちしんぶんおおさかほんしゃどうじましゃおくしょうめんげんかん)由来

毎日新聞大阪本社は,明治九年(1876)、大阪最初の政論新聞として創刊された大阪日報の流れをくみ、明治二十一年(1888)、大阪毎日新聞となった。

明治四十四年(1911)、東京初の日刊新聞。東京日日新聞を合併。

昭和十八年(1943)に社名、大事とも毎日新聞に統一した。

大阪毎日新聞の社屋は大阪市東区(現、中央区)大川町にあったが、大正十一年(1922)三月、大阪市北区堂島一丁目のとうちに社屋を建設し移転した。

建物は地下1階、地上5階の建て延べ12,200平方メートル。

御影石を外壁に使った重厚な建物で、「大毎」の拠点として市民に親しまれ、太平洋戦争の空襲にも耐えた。

毎日新聞大阪本社は平成四年(1992)十二月、西梅田の新社屋に移った。

「堂島アバンザ」建設にあたり、大正時代の貴重な建築物である毎日新聞大阪本社堂島社屋の正面玄関の一部をモニュメントとして復元、展示する。

1999年3月』

何回のこのビルには銀行の支店があるので来た事があるのですが、気がついていなかったような気がします。

散々探し回った『堂島薬師堂(どうじまやくしどう)』が同一敷地内にあったのは気がつきませんでした。

道路を挟んだ北側には、「元 櫻橋 南詰」の石標もたっています。