(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年12月04日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

茨木市西河原 新屋坐天照御魂神社


大阪府茨木市西河原に鎮座する「新屋坐天照御魂神社(にいやにいますあまてるみたまじんじゃ)」です。

名称の長い神社ですが、結構な歴史が存在しそうです。

同名の神社が同じく茨木市の宿久庄と西福井にも鎮座しているようです。

機会を作って訪問してみるようにします。

新屋坐天照御魂神社(にいやにいますあまてるみたまじんじゃ)

主祭神 天照御魂神(天照国照彦火明命(あまてるくにてるひこほあかりのみこと))

祭日 1月1日 祭旦祭・5月10日 春祭・10月15日 例祭

由緒

当社は延喜式神名帳(じんみょうちょう)(927成立)に記載された古社である。

当地西河原の周辺はその昔新屋郷といわれ、遥か古代から天照御魂神がお鎮まりになった。

名神大社(みょうじんたいしゃ)の中でも相嘗(あいなめ)祭に朝廷から幣帛(へいはく)を奉られた式内社最高の社格で府下には数社あるにすぎない。

天正(1573-92)の頃までは、神域拡大、神事も盛んに行われ、近隣七カ村の産土神(うぶすなかみ)として崇敬された。

しかし、戦国争乱等により衰運に傾き、寛文九年(1669)社殿は旧神域にあたる今の社地にうつり、同十二年現社殿が新しく造営された。

現在、本社には主祭神のほか天児屋根命(あまのこやねのみこと)建御名方命(たけみなかたのみこと)相殿(あいどの)(まつ)り、境内社には八幡神・住吉神・磯良(いそら)神を祀る東之(ひがしの)神社、速素戔嗚尊(はやすさのをのみこと)を祀る須佐(すさ)神社、宇賀御魂神(うがのみたまのかみ)を祀る稲荷(いなり)神社がある。

神社前の西河原交差点を南下すると茨木市三島丘に鎮座する「磯良神社(いそらじんじゃ)」にたどりつきます。

通称の「疣水神社(いぼみずじんじゃ)」の方が良く知られているかもしれません。

この辺りは河内と異なって古くから土地であったので、歴史を感じさせられます。